ショップジャパンのダイエットラボでは、お腹や脚など、ダイエットで特に気になる部位をピックアップし、それぞれのお悩みを解決するための知識や筋トレTipsをお送りします。無理な方法で痩せるのではなく、健康的かつ理論的に痩せる方法を知ることで、長期的に健康を維持できるカラダづくりを目指します。まずは、あなたの気になる部位の項目をクリックしてみてください。

お腹

骨盤

二の腕

カテゴリから記事を探す

アクセスランキング

  1. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
  2. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    【効果大】お腹痩せしたい人の短期間メニュー!最短1週間で憧れのボディーへ!
  3. 腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
    腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
  4. 超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
    超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
  5. 【初心者から上級者まで】腹筋を鍛えるトレーニング方法永久保存版
    【初心者から上級者まで】腹筋を鍛えるトレーニング方法永久保存版
  6. 腹筋を鍛えるのにダンベルは効果的なの?
    ダンベルを使った腹筋の鍛え方7選!負荷をかけて憧れの腹筋へ!
  7. 皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方は!?効果的な方法できれいに痩せよう!
    皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方は!?効果的な方法できれいに痩せよう!
  8. 骨盤の歪みをチェック!おうちで簡単にできる改善方法まで詳しくご紹介!
    骨盤の歪みをチェック!おうちで簡単にできる改善方法まで詳しくご紹介!
  9. ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
    ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
  10. 正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
    正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!

新着記事

食事制限による無理なダイエットは禁物?⾝体が痩せるメカニズムとは

食事制限による無理なダイエットは禁物?身体が痩せるメカニズムとは
身体が痩せるメカニズムについて、まずはカロリーの観点から考えましょう。
ダイエットにおけるカロリーとは、摂取カロリーと消費カロリーの2種類に分けられます。
飲食によって得るのが摂取カロリー、運動などによって燃やされるのが消費カロリーです。また、特に運動などをしなくても普通に生活しているだけで消費されるカロリーのことを、基礎代謝量といいます。
摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと、余剰分のカロリーはそのまま脂肪などの贅肉となり、身体に蓄積されます。
一方、摂取カロリーが消費カロリーよりも少ない場合には、必要なエネルギーを蓄積されている脂肪などから調達して燃焼させるので、結果的に痩せることができます。
また、健康に痩せるためには、食事制限などの方法で摂取カロリー量を減らす方に調節するだけではなく、筋肉を鍛えて基礎代謝量を増やし消費されるカロリー量を増やすことが重要です。

食事制限ダイエットはリバウンドの元!

単純に摂取カロリーを減らすことで痩せようとする方法は、得られる効果が一時的であるため良い方法とは言えません。
厳しい食事制限などで消費カロリーをいきなり減少させると、体重は一時的にグンと減ります。しかし、無理な食事制限によるダイエットはリバウンドしやすい身体になってしまう原因となります。
厳しい食事制限をすると、必要な栄養素を十分に摂取することが難しくなります。筋肉やエネルギーの素となるタンパク質や炭水化物が不足すると、筋肉の分解が進んで、基礎代謝量が落ちてしまいます。
また、空腹状態が続くと人は本能的に飢餓状態になり、限られた食事からできるだけエネルギーを貯蓄しようとするため、少ない食事量でも身体に脂肪を貯め込むように体質が変化してしまいます。
厳しい食事制限は、燃費が悪く痩せにくい体になる原因となり、結果的にダイエットの失敗へと繋がりかねません。

筋⾁がつけば何もしなくても痩せられる?

筋肉を鍛えて増やすことで、1日のエネルギー消費量(基礎代謝量)が上がります。
摂取カロリーの方が多い生活をしている場合、基礎代謝量を上げることで摂取カロリー量と消費カロリーの差を縮めることができ、ジョギングや水泳などの脂肪を燃やすために必要な有酸素運動の量を減らすことができます。そのため、運動が苦手、という方は「急がば回れ」の考えで、まずは筋トレから始めて基礎代謝量をあげてみるのもおすすめです。
また、筋トレをすると、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンが多く分泌されると、脂肪は燃えやすくなるため、エネルギー代謝量が上がります。
痩せやすい身体を目指すには、筋肉をつけて、基礎代謝量を増やすことが何よりの近道です。

ジムに⾏かなくてもOK!筋⾁が鍛えられるメカニズムとは

筋肉が鍛えられるメカニズムは、一言でいうと、「筋肉組織の損傷と修復の繰り返し」です。
筋肉が発達するプロセスは、「筋線維の一部が破断される」→「自己治癒力により回復」→「筋線維が太くなって修復される」→「筋肉が大きく鍛えられる」というようになっています。
筋トレをした後、しばらくしてから筋肉痛を感じるということはありませんか?この痛みは、筋肉が修復される過程で発生していると考えられています。
筋肉痛がある時に筋トレをしてしまうと、修復の過程にある筋肉を再度傷めてしまうことになるため、あまり効率がよくありません。
筋トレは、筋肉痛が収まってから再開するのが良いでしょう。
また、ショップジャパンのダイエットラボではジムに行かなくてもご自宅で簡単に出来る筋トレTipsも多数ご紹介しています。
ジムに行かなくてもOK!筋肉が鍛えられるメカニズムとは

筋肉が傷つくとより強い筋肉に生まれ変わる

筋肉に負荷をかけると、筋肉の組織は破壊されます。破壊された部分は炎症となり、筋肉痛となって知覚できるようになります。
筋肉痛が発生するメカニズムについては、実はまだはっきりと判明していませんが、筋繊維が修復される過程において発生するのではないかと考えられています。
筋肉痛が出ている間はまだ筋繊維の修復が終わっていないため、前述したように筋トレや運動などをすることは避けたほうが良いでしょう。
一方で、「超回復」という言葉があります。これは、筋肉の破壊と修復を繰り返すことで、筋肉にダメージと成長ホルモンの刺激を与え続け、破壊と修復のサイクルの中で筋肉の肥大化と強化がされるという筋トレの考え方の1つで、最近注目を浴びています。

大事なのは負荷の高いトレーニングより継続すること!

数回のトレーニングで筋肉をいきなり大きくすることは不可能です。
期待する効果を得られるようになるためには、日々継続してトレーニングを行うことが重要です。
しかし、かといって毎日闇雲に続ければいいというものでもありません。
負荷の高い筋トレや運動を無理やりに行うことは、かえって怪我やモチベーションの低下につながるため、逆効果であるともいえます。
適度な筋トレなどの運動によって筋肉の破壊と修復のサイクルを繰り返し、バランスのよい食事と適度な睡眠による休息を得ることで、健康な身体は作られます。
これらの繰り返しによって筋肉は発達し、痩せやすく太りにくい身体へとつながっていきます。