いびきと枕の関係は?いびきは枕で対策できる

いびきと枕の関係は?いびきは枕で対策できる?

いびきがうるさいと指摘されたことはありませんか?いびきは自分では気づきづらいものです。ほかの人の睡眠を阻害するくらい大きないびきを出していても、自分では気づいていないことがほとんどです。いびき自体は多かれ少なかれ誰にでもあります。それではいびきが大きい人はいびきが小さい人と比べて何が異なるのでしょうか?その原因の一つに枕があります。いびきと枕の関係を見ていきましょう。

目次

1.いびきのメカニズムとは?

いびきはガーガーという音が特徴です。この音は寝ている時の特有なもので、起きている間はいびきの音は生じません。なぜ寝ている時に、いびきが発生するのでしょうか?いびきと枕の関係を見ていく前にまず、いびきのメカニズムを見ていきましょう。

1-1.いびきは健康に悪い?

後述しますがある特定の場合(睡眠時無呼吸症候群)を除いていびきが健康に悪いということはありません。ほとんどのいびきは単純性いびきと呼ばれるもので、一過性です。単純性いびきにはなんらかの原因があります。アルコールを飲みすぎたとき、疲労が大きすぎるとき、風邪などで鼻が詰まっているときなどが原因となります。単純性いびきはこれらの原因が取り除かれれば自然と治まります。一過性のものなので、「昨日はいびきがすごかったね」と言われるくらいならば健康への影響はありません。

1-2.なぜいびきが出るのか?

いびきは気道(喉)が狭くなることで発生します。いびきがでるメカニズムはリコーダーなどの楽器と同じです。気道が狭くなることで空気抵抗が生まれ、ガーガー、ヒューヒューといった音が出るようになります。夜間に就寝するとき、自律神経のうち副交感神経が優位になります。副交感神経は夜に働く神経で、全身をリラックスさせ心身を休息させる働きがあります。全身が弛緩した状態となるため、筋肉の働きも弱まります。

1-2-1.舌を支える筋肉も弛緩する

起きている間、舌は筋肉に支えられ同じ位置にあり続けます。しかし就寝中は舌を支える筋肉も弛緩するため、場合によっては喉のほうに落ちてくることがあります。舌が喉のほうに来ることで気道が狭くなり、リコーダーのような状態となりいびきの音が出るようになります。

1-2-2.気道が一時的に閉塞してしまうことも

いびきが大きいからと言って、気道が完全に閉塞してしまうことはありません。それで窒息することはないので安心してください。ただし、気道が一時的に閉塞してしまうこともあります。その場合は呼吸をすることができず、無酸素状態が発生します。そのことを次の項目で解説していきます。

1-3.いびきを気にしなくてはいけない場合とは

いびきが非常に大きく、毎日のように繰り返して発生する場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群は無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間あたりに5回以上あると診断されます。無呼吸とは「10秒以上、呼吸停止が続くこと」と定義されます。

1-3-1.睡眠時無呼吸症候群の悪影響

いびきは基本的に健康に悪影響を及ぼさないため治療の必要はありません。しかし睡眠時無呼吸症候群の場合は別です。気道が閉塞するため極めて大きないびきが生じるようになります。無呼吸の間は無酸素状態になるため、脳が覚醒して眠りが浅くなってしまいます。また心拍数も増加するため、循環器への負担も大きいものとなります。

1-3-2.睡眠時無呼吸症候群のセルフチェック

睡眠の質の低下の問題は翌日の強い眠気や集中力の欠如に繋がります。事実、睡眠時無呼吸症候群の人が翌日眠気から大きな事故を起こし、問題となることもあります。たとえ乗り物を運転する機会がなくても仕事や学業に支障がでてしまいます。さらに睡眠時無呼吸症候群は肥満や高血圧などもともと健康リスクの高い人に発症しやすい傾向があります。無呼吸による心拍数の増加で循環器がダメージを受け、健康リスクも高めてしまいます。

・毎日のように大きないびきを繰り返す
・息苦しさで目を覚ましてしまうことがある
・起きたとき、口の中が乾いていて臭い
・起床時に疲れが取れていない
・日中の眠気が激しい

これらの状態が現れているようならば一度、睡眠外来や睡眠センターといった診療科が設置されている病院で診察を受けることをお勧めします。

関連:寝相が悪い…もしかして睡眠時無呼吸症候群かも

2.いびきと枕の関係とは?

いびきと枕の関係とは?

睡眠時無呼吸症候群ではないが、日常的ないびきに悩んでいる場合、枕を変えることでいびきの音が軽減されることがあります。いびきと枕にはどんな関係があるのでしょうか?

2-1.仰向け寝をしているといびきが出やすい

いびきの原因は気道が狭くなることです。就寝中に舌を支える筋肉が弛緩することで、喉の奥の方に落ち込み気道が狭くなります。このとき仰向けで寝ていると、舌が喉の奥の方に落ちやすいためいびきが出やすくなります。どんな寝姿勢が寝やすいかは人それぞれですが、いびきで悩んでいる場合は仰向け寝を止めるといびきが軽減されることがあります。

2-2.いびきを抑えるためには横向き寝がおすすめ

いびきを抑えるには横向きに寝るのがおすすめです。横向きに寝ると舌は喉のほうに落ちることが少なくなります。寝ている間に寝返りを起こして、仰向けになったときにいびきが出てしまうことはありますが、寝姿勢を横向きに慣らしていくことで体が習慣として覚えて、いびきが出る時間を少なくすることが可能です。

2-3.横向き寝をする時の枕のポイントとは?

横向き寝をするときに気を付けたいポイントは、寝返りを少なくすることです。本来寝返りは寝姿勢の固定化を防いで、睡眠時の筋肉への負担を特定部位から全身に分散させるためのものです。翌朝感じる肩や腰の痛みを軽減するために必要になります。しかしいびきを抑えたい場合、横向きのままからなるべく動かないことが重要になります。

2-3-1.低反発素材がおすすめ

寝返りを少なくする、かつ睡眠時の筋肉への負担を減らすことがいびきを抑える枕選びのポイントです。いびきを抑えるためには枕の素材を意識してみるとよいでしょう。おすすめは低反発素材を使った枕です。低反発素材は体圧分散性といって、睡眠時に特定の部位にかかる負担を全身に分散させてくれるため寝返りの回数を少なくすると言われています。横向きのまま姿勢を保っても、睡眠時の負担を軽減することができる為、いびきを少なくするサポートが期待できます。

枕だけではなくマットレスも低反発素材にすると、体圧分散性が高まりより睡眠時の負担がラクになります。

関連:低反発枕のメリット・デメリットまとめ 知っておきたい3つのポイントとは?

3.いびきの対策とは?

いびきの抑えるためには枕だけではなく、生活習慣の改善も必要です。いびきに悩んでいる人は以下のことに注意してみましょう。

3-1.適正体重を保つ

いびきの対策とは 適正体重を保つ

いびきを発生させてしまう要因の一つに肥満があります。肥満になると脂肪により、気道も狭くなりやすく、いびきが生じやすくなります。健康診断などで太り気味とされている人は適正体重を保つように意識して生活習慣を改善するとよいでしょう。

3-1-1.魚と野菜、大豆加工食品を中心に

食生活はご飯や麺類の大盛りや揚げ物を避けるようにして、魚と野菜、大豆加工食品を中心に食べるようにします。極端にヘルシーな食生活にする必要はないので、揚げ物やラーメンは週に一回、毎食のご飯は少なめにするなど可能な範囲で軽い食事制限をするようにしましょう。

3-1-2.有酸素運動がおすすめ

運動習慣も大切です。もし運動をする習慣が一切ないのならば、まずは有酸素運動から始めてみましょう。軽いウォーキングでも続けていけば体重を減らす効果は十分にあります。今はスマートフォンなどのアプリで歩数計が気軽に使用できるようになっています。1日1万歩けばおおよそ300kcalの消費カロリーとなります。これは食事量が適正なら一か月続ければ1.2kg程度減らすくらいの運動量なのでコツコツ続けていくようにしましょう。

3-2.いびきが気になるなら病院へ

基本的にいびきは健康に悪影響を及ぼすものではありません。しかし睡眠時無呼吸症候群によるいびきだったり、いびきにより同じ部屋で眠る人の眠りが阻害されたりといった時は治療が必要になります。睡眠外来、睡眠センターなど睡眠に関する診療科が設置されている病院で診察を受けるようにするとよいでしょう。

4.まとめ

・いびきは気道が狭くなることで生じる
・いびきは基本的に健康に悪影響を及ぼさない
・睡眠時無呼吸症候群を疑ういびきのときは病院へ
・いびきを抑えるためには横向き寝がおすすめ
・低反発枕にすると横向きのまま姿勢が維持されやすく、いびきの抑制をサポートできる
・適正体重を保つのも重要

アクセスランキング

  1. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  2. 夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
    夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
  3. 予定よりも早く起きて後悔…早朝覚醒の原因と対策は?
    予定よりも早く起きて後悔・・・早朝覚醒の原因と対策は?
  4. 日中あくびが止まらない 原因と予防方法
    日中あくびが止まらない 原因と予防方法
  5. 睡眠時の腰に負担が掛かりにくい寝方は?仰向け?うつ伏せ?横向き?
    睡眠時の腰に負担がかかりにくい寝方は? 仰向け?うつ伏せ?横向き?
  6. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  7. 首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対応法
    首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対処法
  8. 理想の睡眠時間は何時間?5時間?6時間?8時間?
    理想の睡眠時間は何時間?5時間?6時間?8時間?
  9. 寝不足の影響は?睡眠不足が引き起こす状態一覧
    寝不足の影響は? 睡眠不足が引き起こす状態一覧
  10. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。