寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法

寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法

毎日忙しくて睡眠時間があまり取れていない、そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?睡眠時間が少ないと集中力や注意力が欠けて、仕事や勉強に支障が出ます。ほかにも睡眠不足により、気持ちの悪さや吐き気が誘発されることもあります。なぜ、寝不足になると気持ち悪くなるのでしょうか?

目次

1.寝不足と自律神経

「寝不足が続いて集中できない」、「フラフラする」、「気持ち悪くて吐き気もある」、このどれもが寝不足でよくみられる状態です。睡眠は身体と脳の疲労を回復してくれます。集中力が欠けたりフラフラしたりすることはまだ分かりますが、なぜ消化器の問題である吐き気が誘発されるのでしょうか?それには「自律神経」が関わっています。自律神経と寝不足にはどんな関係があるのでしょうか?

関連:寝不足の影響は? 睡眠不足が引き起こす状態一覧

1-1.自律神経とは?

自律神経とはその名の通り、自分たちの意識ではコントロールできずに「自律」している神経です。人間の神経は中枢神経(脳や脊髄)と末梢神経(全身)に大きく分けることができます。さらに末梢神経には自律神経と体性神経に分けることができます。体性神経は手足を動かしたりするように、自分たちの意識でコントロールすることができる神経です。一方で自律神経は自動で働くコントロールできない神経のことです。

1-2.交感神経と副交感神経

自律神経は交感神経と副交感神経からできています。交感神経は主に日中に働く神経で、活発に活動するために働きます。仕事やスポーツ、勉強などどれも交感神経が働いていないと十分なパフォーマンスを出すことができません。例えばスポーツで言うと、交感神経は心拍数を増やして血圧を高くする働きがあります。しっかりと心肺機能を強化し血流量を増やして激しい運動にも耐えられるような体のコンディションにしてくれています。

一方で副交感神経は主に夜間に働く神経で、ゆっくりとリラックスするために働きます。副交感神経が優位になると心臓の鼓動は落ち着き、心拍数も減少します。脳の血管は拡張して、血圧が下がり体はリラックスした状態になります。夕方から副交感神経は優位になっていき、22時過ぎくらいから徐々に眠気が生じてきます。

1-3.寝不足の状態が続くと自律神経の働きが乱れる

このように交感神経と副交感神経はシーソーのようにバランスを取り合って働いています。しかし寝不足の状態が続くと、交感神経と副交感神経のバランスは乱れていってしまいます。例えば繁忙期で毎日が残業で、帰宅するのが0時近くなる生活が続いているとします。仕事をしっかりと果たさなければいけないため、交感神経は夕方以降も働きます。通常、交感神経の働きは夕方くらいまでなのに、副交感神経と交代せず働き続けることで心身が異常な状態となります。

自律神経は基本的に規則正しく働いています。起床してから徐々に交感神経の働きが強くなっていき、夕方の18時くらいから副交感神経の働きのほうが強くなっています。しかしこのバランスが乱れると、夜なのに副交感神経が働かず、入眠しづらくなったり眠りが浅くなったりすることで睡眠不足になってしまいます。睡眠不足で昼夜逆転な生活リズムになったり、疲労が回復しきっていないまま普段通りに活動したりするとより自律神経の乱れを招きます。

1-4.自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて心身に様々な悪影響が出る状態のことを指します。精神的に不安感や緊張感、うつ状態などに襲われ倦怠感や疲労が消えなくなります。動悸、息切れが現れる人もいますし、めまいや不眠に襲われる人もいます。さらに吐き気や実際に嘔吐してしまう人もいます。

自律神経失調症は慢性的なストレスや疲労、睡眠不足が大きな原因となります。寝不足による吐き気や嘔吐に悩まされている人は自律神経が乱れている可能性があります。

2.睡眠負債を溜めないことが何よりも必要

睡眠負債を溜めないことが何よりも必要

睡眠不足が続くと、その不足が積み重なり睡眠負債となります。自律神経を乱さず、心身の健康を守るためには睡眠負債をため込まないことが何よりも重要です。

2-1.睡眠負債は睡眠の借金

睡眠不足は借金のように積み重なっていきます。1日や2日程度の睡眠不足なら、次の日にちょっと多く眠れば回復できます。しかし睡眠不足が慢性的に続くと、足りない分の睡眠時間はどんどん膨らんでいき、果ては返済できないくらいの睡眠負債になっていきます。

睡眠負債が溜まると集中力や注意力が散漫になるのはもちろんのこと、日中の眠気に襲われるようになります。また睡眠不足が続いていることと同じ状態なので、自律神経も乱れていきます。睡眠負債は溜めないようにするのが何よりも大切です。

2-2.寝だめで睡眠負債の返済はできない

1日や2日程度の睡眠不足なら、翌日しっかりと眠れば回復させることができます。しかし睡眠不足が何週間も、何か月も、何年も続くとその負債は莫大なものになり、休日にほんの少し多く眠ったくらいでは返済しきれなくなります。さらに休日に寝だめをしてしまうと、生活リズムが乱れて夜になかなか寝付けなくなる可能性もあります。

寝だめでは睡眠負債の解消が難しいというデータもあります。ペンシルバニア州立大学で行った実験では、寝だめでは眠気は軽減されるが注意力や集中力は戻らないないという結果が出ています。

睡眠不足だなと思ったら寝だめをすればいいというわけではありません。なるべく睡眠不足にならないように、毎日きちんと眠るようにしましょう。

関連:睡眠負債とは?セルフチェック法と対策のヒント

2-3.睡眠時間ではなくすっきりと起きられるかどうか

睡眠時間ではなくすっきりと起きられるかどうか

睡眠不足かどうかは時間で決まるのではありません。適切な睡眠時間は個々人によって異なるからです。睡眠が足りているかどうかは朝、目覚めたときにスッキリと目覚められるかどうかで判断しましょう。睡眠時間は少ない人では5時間未満でも大丈夫ですし、多い人では9時間以上必要になることもあります。時間にこだわって〇〇時間寝なければいけないと思うと、余計に眠れなくなってしまうこともあるので「スッキリと起きられればいい」くらいの気持ちでいるとよいでしょう。

関連:短時間睡眠でも効率よく眠る方法まとめ

3.寝不足で吐き気が起こった時の対処法

寝不足による吐き気は自律神経の乱れによる可能性が高いです。そのため、ゆっくりと時間をかけて自律神経の乱れを治していくことが大切です。ただしどうしてもつらい時は以下のことを試してみましょう。

3-1.30分~1時間ほど仮眠をしてみる

睡眠不足で気持ち悪い時は短時間の仮眠を取ってみると、状態が緩和されることがあります。ゆっくりと休めるようになるべく暗い静かな環境で仮眠を取るとよいでしょう。本来ならば過眠は15分から30分程度が夜の入眠の邪魔にならず最適な仮眠時間とされています。

しかし寝不足の状態で15分から30分程度の過眠を取っても頭はあまりスッキリしないことが多いです。まずは30分程度でアラームをかけておき、頭がスッキリしていなかったらそこからもう30分、計1時間程度の仮眠を取るようにしてみましょう。仮眠の前にカフェインを摂取しておくと、起きたころに起きやすくなります。

3-2.消化の良いものを食べる

吐き気があってあまりものを食べたくないときでも、しっかりと栄養を摂らないと体調が悪くなります。多少糖分を取ると、頭にエネルギーが回り吐き気が軽くなることもあるので、消化の良いものを食べるようにしましょう。おかゆやうどんなどの炭水化物や固形物がつらければスポーツドリンクやフルーツジュースなどもおすすめです。

3-3.吐きそうならば我慢しない

吐きそうならばいっそ吐いてしまったほうが楽になることもあります。もし吐きそうになったなら、我慢しないで吐いてしまいましょう。吐いた後は喉が胃酸で荒れているので、水分補給をしつつ胃酸を洗い流しましょう。

4.まとめ

・寝不足が続くと自律神経が乱れる
・自律神経の乱れは心身の様々な不調を招く
・吐き気や嘔吐もその不調の一つ
・睡眠不足で自律神経を乱さないように睡眠負債は溜めないこと
・毎日スッキリと起きられるくらいは睡眠時間を確保する

アクセスランキング

  1. 寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
    寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
  2. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  3. 寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
    寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
  4. 寝不足の頭痛は要注意。睡眠不足のリスクと影響7つの対処法と3つの予防法
    寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法
  5. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  6. 寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
    寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
  7. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
  8. 首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
    首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
  9. 首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対応法
    首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対処法
  10. 日中あくびが止まらない 原因と予防方法
    日中あくびが止まらない 原因と予防方法
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。