ツボって本当に効果ある?快眠に効くツボを紹介!

ツボって本当に効果ある?快眠に効くツボを紹介!

東洋医学から生まれ、今ではWHO(世界保健機関)や西洋医学からも認められる「ツボ」。あなたはもう試してみましたか?睡眠を快適に迎えたいと思っているあなたへ、ここでは「ツボ」がもつ効用や押し方のポイント、そして「快眠に効く5つのツボ」を詳しくご紹介します。

目次

1.ツボを押すと快眠できる理由

東洋医学には「気」という考え方があります。ツボとは東洋医学に基づき、押すことで効果を発揮します。ツボの場所によって効果が異なるため、快適な睡眠へ導くツボもあります。また、近年は東洋医学だけでなく、WHO(世界保健機関)や西洋医学でもツボは認められています。どうしてツボを押すことで快眠ができるか、その謎を紐解いていきましょう。

1-1.ツボって何?東洋医学の理論

そもそもツボとは何なのでしょうか?その根拠は東洋医学にあります。東洋医学では「気」という考え方があり、これは生きるために必要な自然界にあふれるエネルギーのことを指しています。私たちの体には、この「気」と「血液」が全身を巡り、気が巡る道筋を「経絡(けいらく)」と呼びます。その経絡にはいくつかの出入り口があり、そこが「経穴」いわゆる「ツボ」にあたります。
それぞれのツボに合わせ、対応する内臓や器官が決まっています。なので、特定のツボを押すことで効果的に対応した特定の内臓や器官に刺激を与えることができるのです。睡眠と関係するツボを刺激することで、日ごろの眠りをサポートします。

足ツボと体の各器官のつながりのイメージ

1-2.西洋医学にも認められた?ツボの効用

WHO(世界保健機関)でも注目されるツボは、東洋医学のみならず、西洋医学においても広く認められる存在となりました。具体的にどのように捉えられているのか確認していきます。

1-2-1.WHOのお墨つきに

ツボを押すということは、以前は民間療法と勘違いされてしまう場面もあったそうですが、今では世界的にも医療的効用が認められている漢方医学のひとつです。実際に21世紀に入ったころ、WHO(世界保健機関)は、一定の症状において、ツボを刺激する「鍼灸療法」が有効であると認めました。また、当時、アジア各国ではツボの位置がまちまちであったのですが、それを361個に定義したのもWHO(世界保健機関)なのです。

1-2-2.抗ストレス作用

WHO(世界保健機関)のお墨つきをもらえただけでなく、実際に西洋医学の領域においてもツボの認識が変わってきました。ツボを押すことで、刺激が体や脳に伝わり、ストレスを緩和できると考えられるようになりました。西洋医学には「気」という考え方はありませんが、呼吸を整え、適度な刺激を与えることで、リラックスできる環境を整えることができるというのです。緊張が高まっている状態を抑え、心穏やかに眠りに向かうことは、快眠への一歩になります。

全身のツボの一例

2.ツボの押し方のコツ

さて、ここからが肝心です。ツボの押し方は指圧をするように力強くおこなうべきなのか、はたまたその頻度はどのくらいなのか、度合いが分からず自己流になってしまっている場合が多くあります。それでは、効果的なツボ押しにはならず、もったいない!ここでは、ツボ押しのコツについて、ポイントに分けてご紹介します。

ツボの押し方

2-1.寝る30分前を目安に

ツボ押しをおこなうとき、人それぞれ「あ、効いているな」と感じ始める時間はさまざまです。今夜は快適に眠りたいなと思われた方におすすめのツボ押しの時間は、就寝する30分~1時間前が理想的といわれています。眠る準備をしながら、その30分前の時間を意識していくのが大切ですね。焦らずその時間を迎えられるよう、無理のない習慣で、就寝前のツボ押しタイムをつくっていきましょう。

2-2.部屋を薄暗くして、眠る準備を整えてから

「眠る準備」は、快眠を求めている方には必須の項目です。ツボ押しだけで快眠がやってくるわけではありません。睡眠をサポートする基本である睡眠環境を整えましょう。眠る準備は就寝時間の2時間ほど前から始めるのが理想的です。徐々に活動量を少なくし、少しずつに部屋を薄暗くすることがポイントになります。テレビやスマホ、仕事やゲームなど目や頭を積極的に使う動作も減らしていくことが望ましいです。眠る環境を整えてから、ゆったりとツボ押しを始めていきましょう。

2-3.完璧を求めず、ゆるやかな気持ちで

ツボがある場所を意識することは大切ですが、ツボは種類も多く、呼び名をはじめ、場所を特定することが難しい場合もあります。そういったときに、神経質になりすぎてしまうと余計混乱する場合もあります。ツボのある場所を細かく考えすぎず「気持ちいいな…効いてそうだな」と、ゆるやかな気持ちで向き合うことが大切です。まずは、ツボのおよその場所をチェックし、やさしく触りながら取り組むことから始めたいですね。

2-4.やさしく、深呼吸をしながら

体が凝っていたり、緊張していたりすると、私たちは呼吸が浅くなりがちです。ツボを押すことでリラックスタイムが期待できますが、それと同時に、深呼吸をすることで、ゆったりとしながらツボ押しをおこなうことができます。押し方も、強く刺激を与えるのではなく、気持ちいいくらいのやさしい刺激が重要になります。指をツボに対して垂直になるように置きます。回数はツボにより異なりますが、最初からあまり多く押してしまうと疲れてしまうため、まず3回くらいを目安とし、やりすぎには注意をしましょう。

3.おすすめの「快眠に効くツボ」5選

ここでは、みなさんが気になっている「快眠に効く5つのツボ」をご紹介します。ツボのある場所が押し方のポイントも丁寧にお伝えしていきますので、一緒に指を動かしながら、ツボを押していきましょう。

3-1.百会(ひゃくえ)

まずは頭のツボに注目してみます。頭のてっぺんの中心あたりにあり、指で少し押すとへこむ感じがする部分が「百会(ひゃくえ)」です。ここは多くの経絡が交わる部分であるため、この百会という名前がつきました。百会の前後左右4か所には四神聡(ししんそう)といわれるツボもあり、百会を中心に四神聡を、親指以外の4本の指を使って、やさしくマッサージしていきます。指圧のように強く圧迫してしまうと逆に圧迫してしまうため、効果的ではありません。頭を両側からやさしく包み込み、「気持ちいいな」と感じる強さで頭皮を持ち上げるように15~20回ほどマッサージをしましょう。

百会の位置

3-2.安眠(あんみん)

耳の後ろを触ると骨が出っ張っている部位があります。その下側には、くぼみがあり、その1~1.5cmほど下にあるのが「安眠(あんみん)」です。眠気を誘うツボともいわれています。親指を使い、ツボを押さえ、ゆっくりと力を加えていきます。ここでも力の入れすぎには気をつけ、気持ちがよい強さを目安に押していきます。そのとき、両手を広げ、親指以外の4本の指で頭を支えるようにすると実施しやすくなります。左右のツボに両手の親指をあて、頭を左右にゆっくりと動かして刺激していきます。回数は左右3~5回が目安です。

安眠の位置

3-3.合谷(ごうこく)

緊張感が和らぎ、気持ちが落ち着くと、私たちは安心して眠りへと進むことができます。そんな心の落ち着きをサポートしてくれるツボが「合谷(ごうこく)」。これは、手の甲にあるツボです。手の甲側、親指と人差し指の骨の分かれ目あたりにあります。人によってはやや人差し指側に存在します。ツボの押し方は、反対の手の親指を「合谷(ごうこく)」にあてていきます。他の部位よりもやや強めに押しますが、気持ちいいと感じる程度の強さは守ってください。両手、それぞれ30回程度、押したりもんだりを繰り返します。

合谷の位置

3-4.内関(ないかん)

心の穏やかさを支えてくれるツボとして「内関(ないかん)」があります。このツボは、手首付け根のしわの中央から指3本分ひじ寄りへ行った部分にあります。ゆっくりと押しながら気持ちの良い場所を見つけてください。ツボを押すときは、3秒かけてゆっくりと押し、3秒かけてゆっくりと離すという動作を繰り返します。5回を目安におこなうとよいでしょう。

3-5.失眠(しつみん)

ツボの名前に「眠」という漢字もあり、快眠に効果がありそうと感じた方もいらっしゃるかと思います。このツボは足の裏にあります。足は第2の心臓ともいわれ、さまざまなツボが存在しています。かかとの中央に位置する「失眠(しつみん)」を丁寧に押していきましょう。かかとのエリアが分かりにくい方は、親指と人差し指で輪をつくり、かかとにあててみると、かかとの中央は分かりやすくなります。かかとは他の部位よりも硬いので、親指を使ってギュッと垂直に押し、気持ちのよい強さを見つけてください。1回3~5秒、これを3~5回繰り返します。

失眠の位置

4.まとめ

東洋医学から生まれ、今ではWHO(世界保健機関)や西洋医学からも認められる「ツボ」。あなたはもう試してみましたか?まずは、眠気を誘う、ゆったりとした睡眠環境を整え、今回ご紹介した「快眠に効くツボ」を押してみましょう。あなたが気持ちいいと感じる強さや場所が分かっていくと、ツボ押しが身近なものになってきますよ。

アクセスランキング

  1. 寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
    寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
  2. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  3. 寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
    寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
  4. 「寝過ぎてだるい」は自律神経の乱れ 寝過ぎの弊害って?
    「寝過ぎてだるい」は自律神経の乱れ 寝過ぎの弊害と原因は?
  5. 寝不足の頭痛は要注意。睡眠不足のリスクと影響7つの対処法と3つの予防法
    寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法
  6. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  7. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
  8. もしかしてロングスリーパー?長時間睡眠を短縮する方法
    もしかしてロングスリーパー?長時間睡眠の3つの原因と短縮方法
  9. 夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
    夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
  10. 予定よりも早く起きて後悔…早朝覚醒の原因と対策は?
    予定よりも早く起きて後悔・・・早朝覚醒の原因と対策は?
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。