寝すぎは逆効果?疲れを取る休日の過ごし方

寝すぎは逆効果?疲れを取る休日の過ごし方

疲れや睡眠不足が溜まっていると、ついやってしまいがちなのが「休日の寝だめ」。昼過ぎまでゴロゴロ…。せっかくの休日を台なしにしてしまい自己嫌悪に陥ることも。日頃の疲れをすっきり取って、気持ちよく休日を過ごすための睡眠スキルを身に付けましょう。

目次

1.休日の寝だめによって起こること

一日に必要な睡眠時間には個人差がありますが、おおよそ6時間以上8時間未満であり、理想的には7時間前後だと言われています。睡眠不足が続くと、体調を崩すことは誰もが知るところです。しかし休日に寝だめをしようと寝すぎるのも、身体に負担をかけてしまうのです。休日の朝は平日よりもゆっくり寝ていたいと思いがちですが、寝すぎによって、逆に疲れやだるさを感じてしまうことがあります。休日の寝だめによって起きる心身のトラブルを詳しく見ていきましょう。

年齢別の理想的な睡眠時間の目安

1-1.頭の動きが鈍ったり、全身に倦怠感を感じる

休日に寝だめをした後、頭がぼんやりして身体がだるく、つらいと感じたことがあるのではないでしょうか?
身体の疲労を取ったり、頭をシャキッとさせたりするためには、日中の適度な運動で筋肉を動かして血流を良くする必要があります。しかし必要以上にゴロゴロとしている時間が長いと、日中の運動量が極端に減ってしまうため、全身の血流が滞って頭が動かない感じがしたり、疲れが取れにくくなってしまいます。

1-2.休み明けも体調がすっきりしない

睡眠不足を補うつもりで休日にたっぷり寝だめすると、リフレッシュするどころか休み明けから体調がすっきりしない…。これは、休日にいきなり長時間眠りすぎたために、睡眠のリズムが乱れ、長時間飛行機に乗ったあとの「時差ボケ」と同じような状態に陥ってしまっているのです。日中も頭がボーっとしたり、しつこい倦怠感がいつまでも残ります。

眠りによる時差ボケ状態のイメージ

1-3.「せっかくの休日を無駄にした」と感じる

休日の寝だめは、メンタルの不調につながることもあります。仕事に行かなくても良いからと、昼になってもゴロゴロ過ごしてしまったり、疲れがひどい場合は「目が覚めたら夕方になっていた」と愕然とすることも。休日に寝すぎてしまうと、せっかくの休みを無駄にしてしまったと感じて、自己嫌悪に陥りがちです。この繰り返しでは、休み明けに気持ちよく活動することが出来なくなってしまいます。

2.休日に寝すぎてしまうのはなぜ?

休日に目覚まし時計をセットしないで寝ると、目が覚める時間は平日の起床時間より遅くなる人が大半だと思います。なぜ休日に寝すぎてしまうのでしょうか?
休日に寝すぎてしまう理由についてみていきましょう。

小・中学生をもつ母親の平日・休日の睡眠時間の違い

参考:オークローンマーケティング「子どもの睡眠に関する調査結果

2-1.平日の寝不足を解消するため

一番の理由は、1週間で溜まった睡眠不足です。日々の睡眠不足は借金のように蓄積していくので、眠れなかった日々が続くと、人はその不足分を補おうとして貪るように眠ることが分かっています。本来7時間睡眠が必要な人が、5時間ぐらいしか眠れない日々が5日間続いたとしましょう。そうすると、1日当たりの眠りの不足分2時間×5日=トータル10時間の睡眠が不足しているということになります。この10時間の不足分を何とか取り戻そうとして、眠れるチャンスがあれば寝られるだけ寝てしまう、いわば「眠りのリバウンド」が起きてしまうのです。

2-2.心身の疲労がたまっているから

十分な睡眠時間を確保しているつもりなのに、休日に寝すぎてしまうという場合は、睡眠の質が悪く、心身の疲労が溜まっている可能性があります。日々の疲労をその日のうちに回復するためには、目覚めたときに「爽快なぐっすり感」が感じられるような質の高い睡眠が必要です。休日に寝すぎてしまうのは、睡眠の質が低下して心身の疲労が取りきれていないサインです。

2-3.加齢などで睡眠の質が下がっているから

加齢とともに睡眠のパターンが変化します。一般的に、歳を重ねるごとに必要な睡眠時間は短くなるのですが、それに対して実際に寝ている時間が長すぎるケースが少なくありません。主な原因の一つは、加齢による睡眠の質の低下です。「寝ている間に尿意で何度も目が覚めてしまう」、「暗いうちから目が覚めるものの、ウトウトと布団の中で過ごしている」などに当てはまる場合は、加齢によってぐっすり眠れずに疲労を溜めている可能性があります。

3.心身の疲れを効率的にとろう!

しつこい疲れを効率的に取り去るには、休日の寝だめでは効果がないばかりか、逆に心身に負担をかけてしまいます。寝だめの悪習慣を改善して、日中すっきりと過ごすことが出来る睡眠スキルを身に付けましょう。

3-1.休日の「寝だめ」は+〇時間まで

良質な睡眠を習慣づけるためにも、まず休日の寝だめをやめましょう。理想は平日と同じ時間に起きる習慣をつけることですが、休みの日ぐらいは少しゆっくり目覚めたいという場合もあるでしょう。もし休日の朝いつもより長めに寝るなら、多くても+2時間までにとどめておくようにしましょう。それ以上多く寝てしまうと、睡眠リズムを崩してしまいます。

3-2.休日を寝すぎずに過ごすためには?

睡眠リズムを整える上で重要なことは、休日に過度に休みすぎないことです。休日を快適に、そして有効的に過ごすためにはどうすればよいか、具体的な方法をみていきましょう。

3-2-1.平日のうちに寝不足を解消しておく

休日の寝だめを防ぐには、平日のなかで1日、いつもより多く眠れる日を設けるのが有効です。ウィークデーの中で残業や飲み会の予定がなく、この日は早く帰宅できそうだという日を選び、普段より1~2時間多く眠るようにします。週の半ばごろに一度睡眠不足と疲労を回復しておけば、休日へのしわ寄せも緩和され、睡眠リズムを整えるのに役立ちます。

3-2-2.人と会う約束を入れる

なにも予定がないと、つい家でゴロゴロ過ごしてしまうという人は、誰かと会う約束をいれ、スケジュールが空白にならないようにしましょう。明るいうちに外に出かける約束をすれば、一日を活発に過ごすことが出来ます。これは睡眠リズムを整えるのに役立つだけでなく、休日を有意義に楽しく過ごせたという充実感にもつながります。

3-2-3.休日朝の「お楽しみ」を用意しておく

何か特別なイベントや人との約束がなくても、休日朝のささやかな楽しみを用意しておくと、スムーズに一日をスタートさせることが出来ます。好きなハーブティーを飲みながら好きな音楽を聴いたり、近くの緑地へ散歩に出かける等、自分なりに心地よいと感じられる習慣を身につけると良いでしょう。

3-2-4.寝室環境を変えてみる

寝過ごしてしまうことがないように、あえてカーテンを開けて眠るなど寝室環境を工夫するのも有効です。遮光カーテンやシャッターで窓を閉め切ってしまうと、朝になっても部屋が暗いままなので、寝すぎてしまう原因になります。窓から入った朝日で自然と目が覚めるような気持ちよい目覚めができるように、工夫してみましょう。

4.まとめ

疲れているとついやってしまいがちな休日の寝だめは、疲れをリフレッシュするばかりかしつこい疲れや倦怠感の原因になります。疲れを残さない休日の過ごし方のポイントは、過度に休みすぎないことです。外で活動する楽しみを見つけ、メリハリある休日を過ごすことが、快眠のリズムを作り、明日からのモチベーションを生み出します。一度習慣になった休日の寝だめをすぐにやめるのは難しいかもしれませんが、徐々に減らしていけるように心がけましょう。

アクセスランキング

  1. 寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
    寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
  2. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  3. 寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
    寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
  4. 寝不足の頭痛は要注意。睡眠不足のリスクと影響7つの対処法と3つの予防法
    寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法
  5. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  6. 寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
    寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
  7. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
  8. 首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
    首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
  9. 首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対応法
    首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対処法
  10. 日中あくびが止まらない 原因と予防方法
    日中あくびが止まらない 原因と予防方法
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。