睡眠時の腰に負担がかかりにくい寝方は? 仰向け?うつ伏せ?横向き?

睡眠時の腰に負担が掛かりにくい寝方は?仰向け?うつ伏せ?横向き?

皆さん、寝るときはどんな姿勢で寝ていますか?仰向け?うつ伏せ?横向き?実はそれぞれ特徴があるんです。寝ているときはどうしても腰に負担が掛かってしまうもの。睡眠中の腰の痛みが気になるときは、どの姿勢で寝ればよいのでしょうか?それぞれの姿勢の腰の痛みとの関係を解説します。

目次

1.寝姿勢と腰の痛みの関係

寝ている間は全身リラックスしているように見えて、実は腰に体重の負担が掛かっています。寝ている間に腰に負担が掛かり、起きてみると痛みが発生していたという経験がある人も多いのではないでしょうか?今回は仰向け寝、うつぶせ寝、横向き寝それぞれの腰の痛みとの関係を解説します。

1-1.仰向け寝

仰向け寝は腰への負担が一番少ない寝姿勢だと考えられています。しかし腰の周囲には内臓が多く、仰向けで寝ると体重が腰周囲の筋肉や骨などに掛かります。仰向けで寝ているときはなんと、体重の40%から50%弱の重さが腰への負担になるとも言われています。このように腰に負担が掛かることで、腰周囲の血管が圧迫されます。そうなると痛みを伝える神経伝達物質が生じ、睡眠中の腰の痛みを発生させます。通常ならば寝返りなどを打てば、体重の負担は分散されるため寝ていても腰の痛みはそこまで大きくなりません。しかし筋力不足などで寝返りが十分に打てないと体重の負担が腰ばかりに集中し、睡眠時の腰の痛みの原因となります。

また女性に多い反り腰も睡眠時の腰の痛みの原因となります。反り腰だと腰とマットレスの間に隙間が生じ、腰を支えるものがなくなります。腰の負担がさらに大きくなるため、睡眠時の痛みも強くなります。

1-2.横向き寝

寝姿勢と腰の痛みの関係

横向きの姿勢で眠ると、マットレスに接している面積が仰向けで寝たときよりも少ないのでその分、掛かってくる負担も大きくなります。また横向きで眠ると、腰部の支えがありません。そのため腰椎に負担が掛かり睡眠時の腰の痛みを強くします。仰向け寝で眠るときと同じく、適切に寝返りを打てば腰への負担を軽減させることが可能です。しかし筋力やマットレスの問題で適切な回数の寝返りを打てないと、寝ている時に腰が痛くなっていきます。

1-3.うつぶせ寝

うつ伏せで眠るときは、腰椎が反りかえった状態となります。腰椎が反ると寝ている時の腰への負担が大きくなるため、睡眠時の痛みが強くなる傾向にあります。ただし睡眠時の腰の痛みがもともとない人の場合、特に問題が起きないことが多いようです。睡眠時の腰の痛みのない人は仰向け、横向き、うつ伏せの中から好きな寝姿勢を選んでも大丈夫です。

1-3-1.まとめ

仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝、それぞれ腰に負担が掛からないということはありません。どんな寝姿勢でもある程度、寝ている時の腰に負担は掛かってしまいます。睡眠時に腰の痛みがない人ならばどのような寝姿勢でも特に問題はありませんが、腰が反りかえっていたり何らかの寝ている時の腰に不安を持っていたりすると対策をしないと睡眠時の腰の痛みが強くなってしまいます。

2.腰への負担を軽減させる方法

睡眠時に腰の痛みがあるとき、それぞれの寝姿勢で腰への負担を軽減させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

2-1.仰向け寝

仰向け寝は腰への負担が少ない寝姿勢と考えられています。もし仰向けの状態で睡眠時の痛みが少ないのであれば、お勧めできる寝姿勢です。仰向けで寝ている時に腰が痛くなってしまう人は腰が反っている人です。腰とマットレスの間に隙間ができて、支えがなくなってしまうからです。仰向け寝で腰への負担を軽減するにはこの隙間をどうにかする必要があります。フィット感のある寝具を選ぶようにしましょう。

また、簡単な方法で驚かれるかもしれませんが、腰が反って負担が掛かり睡眠時に痛むとき、仰向け寝の場合は膝を立てることが有効です。膝を立てると腰が丸まり反りが柔らかくなります。その分、腰部への負担は少なくなり睡眠時の痛みを生じることが少なくなります。自分で膝を立てて眠っても大丈夫ですが、お勧めはクッションのようなものを膝下に入れることです。自然と膝を立てた状態になるため、楽に腰部への負担を軽減することができます。

ただし仰向けでの場合、寝ている間に舌が喉のほうに落ちることで気道が狭くなりやすいです。いびきをかきやすくなりますし、睡眠時無呼吸症候群の場合、気道が閉塞してしまうこともあります。いびきに悩んでいる人は横向き寝のほうが適していることもあります。

関連:寝相が悪い…もしかして睡眠時無呼吸症候群かも

2-2.横向き寝

横向き寝の姿勢が楽だという人もいると思います。横向き寝で眠りたいときは腰椎部分に支えを作る必要があります。支えを作ることで体重の負担が地面へ逃げるようになり、寝ている時の腰部への負担も軽減されます。横向きで眠る際にはタオルなどを折り曲げて、腰のウエスト部に敷くとよいでしょう。

仰向け寝とは異なり、横向き寝は気道が十分に確保されやすいためいびきが少なくなります。睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人も状態が軽くなることがあります。ただし腰だけではなく肩や腕に負担が掛かりやすいため、そちらに睡眠時痛みやしびれが生じることもあります。

2-3.うつぶせ寝

うつぶせ寝 Good Sleep Labo

うつぶせ寝は腰が反ってしまうため、睡眠時の腰に不安がある人には適さない寝姿勢と言われています。仰向け寝や横向き寝と異なり、支えを作ることもできないため、対策のしようもありません。ただしうつぶせ寝で睡眠時に腰の痛みがない人にとっては問題ない寝姿勢ですし、人によってはむしろ睡眠時の腰の痛みが楽になることがあります。

うつ伏せで眠ると胸が圧迫されるため、寝ている最中に大きく呼吸するのが難しくなります。しかし痰などをすぐに吐き出せるため誤嚥(気道内に飲み込んでしまうこと)を防ぐことができるのはメリットです。

2-3-1.まとめ

仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝、それぞれの寝姿勢には一長一短があります。基本的には自分が一番寝やすい姿勢を選んで、睡眠時に腰の痛みが生じているときは腰部への負担を軽減する対策を取るとよいでしょう。

3.よい寝具を選ぶことも重要

睡眠時の腰への負担を軽減し、痛みを軽減するにはよい寝具を選ぶことも重要です。中でもマットレスと枕が重要になります。硬すぎるマットレスは体にフィットしないため腰が浮いて隙間ができてしまい、腰に負担が集中しやすくなります。

一方で、柔らかすぎるマットレスや枕は腰や首が必要以上に沈み込むこともあります。腰や首が反った状態になるため、腰椎や頸椎への負担が大きくなり、寝ている時の痛みを生じやすくする場合も。また、柔らかすぎるマットレスを使用すると寝返りを打つのに筋力が必要になり、高齢者や女性は寝返りを打ちづらくなります。マットレスも枕もフィット感のあるものを選ぶのが重要です。

関連:理想の枕の高さは?高い枕・低い枕のメリット・デメリット

4.まとめ

・仰向け寝は腰への負担が小さいが、腰が反っている人では睡眠時に痛みが出ることもある
・横向き寝は寝ている時の腰に不安がある人で痛みが出ることがある
・うつぶせ寝は睡眠時の腰の痛みを強くしてしまうことがある
・仰向け寝は膝を立てること、横向き寝はウエストの部分にタオルを敷くことで対策が可能
・寝具選びも重要になる

アクセスランキング

  1. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  2. 夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
    夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
  3. 予定よりも早く起きて後悔…早朝覚醒の原因と対策は?
    予定よりも早く起きて後悔・・・早朝覚醒の原因と対策は?
  4. 日中あくびが止まらない 原因と予防方法
    日中あくびが止まらない 原因と予防方法
  5. 睡眠時の腰に負担が掛かりにくい寝方は?仰向け?うつ伏せ?横向き?
    睡眠時の腰に負担がかかりにくい寝方は? 仰向け?うつ伏せ?横向き?
  6. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  7. 首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対応法
    首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対処法
  8. 理想の睡眠時間は何時間?5時間?6時間?8時間?
    理想の睡眠時間は何時間?5時間?6時間?8時間?
  9. 寝不足の影響は?睡眠不足が引き起こす状態一覧
    寝不足の影響は? 睡眠不足が引き起こす状態一覧
  10. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。