重たい布団はNG?睡眠の質を上げやすい掛け布団とは?

重たい布団はNG?睡眠の質を上げやすい掛け布団とは?

よい睡眠には「掛け布団」が欠かせません。あなたが普段使っている掛け布団はいかがでしょうか?ここでは、掛け布団がもたらす睡眠への影響にはじまり、3つの重要ポイントである「保温性」「吸湿性」「軽さ」について詳しくご紹介します。

目次

1.掛け布団は睡眠の質に影響大!

よく眠ることができ、翌朝の目覚めも快適!掛け布団は、そんな質の高い睡眠を目指すうえで必要なパートナーです。特に毎日使用する寝床内の環境が快適であることは重要です。その快適な寝床作りに大切なのが掛け布団です。四季のある日本では短期間でも気温や湿度が変わりやすいこともあり、その時々の気候によって掛け布団や寝るときの服装を変えることで、睡眠の質を高めることが期待できるのです。

2.掛け布団に求められる機能とは

掛け布団に求められる機能は寝床内の環境を整え、より眠りやすい環境に近づけることです。また環境には温度や湿度だけでなく、掛け布団の重さも影響してきます。ここでは、大切とされる「保温性」「吸湿性」「軽さ」という3つのポイントに分け、ご説明します。

2-1.保温性

これはもっとも皆さんが実感したことがある項目かと思います。冬に布団の中に入ると、しんしんと寝床内も冷え込んでいて、布団の中が温かくなるまで眠れないという経験はありませんか?快適な温度を保つことは、春夏秋冬いつの時期でも重要です。

2-1-1.快適に眠れる温度は何度?

快適に眠れる寝床内温度は、32~34度といわれています。これは体温よりも少し低い温度になります。夏場であれば、冷房などの空調を利用し室温を26度前後に保ち、寝具を利用すると環境が整いやすくなります。冬になると、もっとも睡眠に適した室温は16~19度とされており、寝床内温度を32~34度に保つことが難しい場合もあります。そのようなときも、できる限り寝床内を温める工夫をし、眠りが妨害されてしまうといわれている寝床内温度10度以下とならないようにすることが大切です。睡眠時には徐々に体温が下がるという体温変化があるため、体温よりも低い寝床内温度を保つ必要があるでしょう。

2-1-2.夏でも涼しい掛け布団の選び方

夏に求められる掛け布団の選び方は「ひんやり感」です。汗の吸い取りが良く、さらっとしているものや、素材がツルツルしているなど、涼しさを感じるものが良いでしょう。特に寝入りのときは、だんだんと体温が下がっていくことをサポートできるようなアイテムが大切となるため、量販店などで購入する場合は実際に触れてみてから選ぶことをおすすめします。

2-1-3.冬でも温かい掛け布団の選び方

冬の掛け布団を選ぶときのポイントは、「暖かさ」と「軽さ」です。防寒をしっかりしなくてはと意識すると、重い布団を何重にも重ねてしまいそうですがこれはNG。好みにもよりますが、夜間の寝返りを妨げないように、保温性に優れていてかつ軽いものを選ぶと良いでしょう。軽い掛け布団にすることで、掛け布団と肌との間に空間ができ、暖かい空気を溜めておくことが期待できます。

2-2.吸湿性

掛け布団には、湿度をコントロールするという重要な役割もあります。特に夏のムシムシとした環境で寝苦しさを感じる方は多いのではないでしょうか。私たちの身体は眠りとともに、だんだんと体温が下がっていきます。通常、発汗することで体温を下げるのですが、湿度が高いと汗をかきにくいため体温が下がらず、なかなか眠れないという現象に陥りやすくなるのです。気温だけでなく、湿度にも注目して寝床内環境を整えていきましょう。

2-2-1.快適に眠れる湿度は何%?

快適に眠れる寝床内湿度は、50±5%といわれています。これは夏場も冬場も変わらず一定に保つことが求められています。室内の室内も同じく50~60%に保つことが大切であるといえます。寝ている間に、人はたくさん汗をかきます。そのままにしておくと、寝床内湿度はどんどん高くなってしまうため、汗をかいたら素早く汗を吸収し、放湿させることが必要になります。眠りについた瞬間の湿度が重要なのではなく、睡眠中、常に快適湿度であり続けることが求められます。

理想的な就寝時の温度・湿度

2-2-2.吸湿性の高い掛け布団の選び方

寝床内の湿度が高くなり寝苦しさを感じるのは、主に夏です。夏用の掛け布団では吸湿性の高さが必要だと理解されやすいのですが、実は夏だけではありません。私たちの身体は眠りにつくに従って、汗をかき体温を下げていきます。夏だけでなく、どの季節でも夜間にはたくさんの汗をかくため吸湿性が求められるのです。さらに購入時に気をつけたいのは、「吸湿性」だけでなく「放湿性」にも優れているかという点です。掛け布団のうち、身体に近い側面は汗を吸収する吸湿性能が求められ、外側ではその吸湿したものを放湿することが必要です。その2つの機能が備わっているものが、夏にも冬にもおすすめの掛け布団になります。

日常生活における汗の量

2-3.軽さ

掛け布団に求められる要素のひとつに「軽さ」があります。重い方がギュッと包まれるようで落ち着くという方もいらっしゃいますが、身体のためには、軽さに重点をおくことも大切になっています。その理由をひとつずつ紐解いていきます。

2-3-1.軽い掛け布団の方がおすすめの理由

掛け布団の重さは、睡眠に影響を与えることも。重い掛け布団をかけると、私たちの身体は圧迫され、寝ている間に寝返りが打ちづらくなります。起きている間であれば、動きたいときに動くことができますが、睡眠中は意識的に行動することが難しいです。夜間の寝返りや身体の圧迫が、睡眠の質とどのように関係するのか細かく確認していきましょう。

2-3-1-1.寝返りが打ちやすい

私たちは睡眠中に身体の一部に負担がかかりすぎないよう、夜間には寝返りを打っています。寝返りには睡眠段階がスムーズに移行することをサポートしたり、寝床内の温度や湿度を調節したりする役割もあるといわれています。重い掛け布団をかけるよりも軽い掛け布団をかけることで、比較的容易に寝返りを打ちやすくなります。

2-3-1-2.身体全体への圧迫が少ない

軽い掛け布団をセレクトすることで、身体全体への圧迫も少なくなります。経験がある方もいるかも知れませんが、重い掛け布団をかけると、何となく呼吸がしにくくなったり、リラックスした環境で睡眠が得られにくくなったりすることもあります。身体全体がゆったりとできるよう、できるだけ軽い掛け布団にすることをおすすめします。

2-3-1-3.睡眠中の手足に負担をかけにくい

掛け布団の重さによっては、睡眠中の手足への負担にも変化があります。軽い掛け布団にすることで、睡眠中、無意識のうちに手や足を動かしやすくなり、一か所に常に負担がかかるようなことが少なくなります。身体の一部に負担がかかることは避けた方がよいため、購入時には掛け布団の軽さを意識するのもポイントの一つです。

2-3-2.軽い掛け布団の選び方

掛け布団を購入するときには、重さも確認するようにしましょう。成分表示とともに○○gと重さの表記があります。掛け布団の厚さを見ても、重さとは必ずしも比例しているわけではないため、見た目だけで購入するのは要注意です。重さにも幅があり、700gほどのものもあれば倍近い重みのものもあります。綿や羽毛など中に使用されているものでも重みは変わりますし、使用されている糸やカバーとなる布地によっても変わります。購入時には、今使っている掛け布団はどのくらいの重さなのか、暖かさを求めているのか、涼しいものをセレクトしたいのかなど、必要なポイントを挙げて、総合的に自分に合ったものを購入するようにしましょう。

3.まとめ

掛け布団は、毎日の睡眠に大きな影響を与えるとされています。季節によって掛け布団をきちんと使い分け、より質の高い睡眠が得られるよう、「保温性」「吸湿性」「軽さ」の3点を意識して購入すると良いかもしれません。

アクセスランキング

  1. 寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
    寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
  2. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  3. 寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
    寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
  4. 寝不足の頭痛は要注意。睡眠不足のリスクと影響7つの対処法と3つの予防法
    寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法
  5. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  6. 寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
    寝汗がすごい!過剰な寝汗の原因と対策
  7. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
  8. 首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
    首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック
  9. 首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対応法
    首を寝違えた!寝違えの原因と緊急対処法
  10. 日中あくびが止まらない 原因と予防方法
    日中あくびが止まらない 原因と予防方法
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。