睡眠時間が長すぎる!8時間寝ても大丈夫?

睡眠時間が長すぎる!8時間寝ても大丈夫?

睡眠をとることは大事ですが、寝すぎてしまうのは体によくありません。体に違和感を覚えたり、体重が増えるリスクが上がったりするなどのデメリットもあるのです。ここでは長時間睡眠によって生じることについてご紹介します。

目次

1.みんなどのくらい寝ているの?

年齢や体調など適切な睡眠時間は人によって異なります。ただし大多数の人はおおよそ6~8時間程度眠っていることが多いです。
ここでは皆さんが普段どのくらい寝ているのかについてご紹介します。

1-1.6~8時間が半数、8時間超は1割弱

厚生労働省が行なっている「国民健康・栄養調査」によって、日本人の半数以上が1日あたり6~8時間睡眠しており、なかでも6~7時間睡眠している人の割合が最も多いことがわかりました。この調査は20歳以上を対象としているため子供のデータはありませんが、男女ともに40代よりも20代のほうがより睡眠時間が長い傾向にあります。実は、人が生理的に必要とする睡眠時間には個人差が大きいのですが、これまでの睡眠に関する研究によって、6~7時間の睡眠を必要とする人が最も多く、次に7~8時間の睡眠を必要とする人が多いことが分かっています。また、睡眠中の脳波を調べて、さまざまな年齢の人の睡眠時間を算出した研究でも、成人の多くが6~7時間の睡眠を必要としていることが分かっています。日本人の実際の睡眠時間も、この必要睡眠時間とほぼ同じ長さになっているようです。
また8時間以上寝ている人は20代や70代以上を中心に男女共1割程度います。

成人女性の1日の平均睡眠時間

1-2.若い人、日照時間の短い冬は睡眠が長くなる傾向も

年齢によっても睡眠時間は変化します。
老人よりも子供の方が睡眠時間は長くなる傾向にあります。体の成長は主に寝ている時間に生じるため、育ち盛りの子供の方が多めに睡眠が必要となるためです。
また日が出ている時間が短い方が睡眠時間は長くなる傾向にあります。日照時間は夏よりも冬の方が短く、それに伴って体内時計も自然と遅くなってきて冬の睡眠時間が長くなる傾向にあります。

季節による睡眠時間の変化

2.長時間睡眠のデメリット

長時間睡眠によって体を休めている時間が長いと勘違いをしがちですが、実は長時間睡眠にはさまざまなデメリットがあります。
ここでは長時間睡眠のデメリットに関してご紹介します。

2-1.睡眠の質が低下する

ひとりひとりが必要とする睡眠の「量」を満たすことも大事ですが、睡眠の「質」も同じぐらい大切です。
質の良い睡眠とは、寝初めの浅い睡眠から深い睡眠へ入っていき、目覚める前に再び浅い睡眠へと移行する、正しい睡眠リズムを持った睡眠のことです。これが上手くできていれば、脳や体を十分に休めることができるので、目覚めたときにすっきりとした爽快感を実感しますが、反対にできていなければ、たくさん寝ても疲労感が残り、眠気を感じます。
もともと生理的な睡眠必要時間が長い、いわゆるロングスリーパーが長い睡眠をとることは問題ないのですが、必要睡眠時間が平均程度の人が、むやみに長く眠ると、浅い睡眠と深い睡眠のバランスが崩れ、睡眠の質が低下します。その場合は、睡眠不足と同じような不調を感じる可能性があります。

2-2.1日の活動時間が足りなくなる

誰でも平等に1日は24時間しかありませんので、睡眠時間が長くなればその分だけ起きて活動できる時間は少なくなります。
1日10時間寝た場合、仕事で9時間程度取られると仮定すると残りは5時間しかありません。その間に食事や入浴を済ませなければならず、趣味などの自分がやりたいことに費やせる時間は少なくなります。趣味などでリフレッシュをしている方はその時間が少なくなることでストレスが増え、睡眠が浅くなって睡眠時間が増えるという悪循環に陥ることがあります。

2-3.記憶・学習能力が落ちる

質の良い睡眠は脳をクールダウンし疲労を回復させますが、役割はそれだけではありません。実は睡眠は脳に記憶を定着させ、学習能力を高めるのにも役立っています。睡眠中、脳は休んでいるようにみえますが、深い睡眠の時には、本や教科書の内容や思い出のようなエピソード記憶を脳に憶えさせる作業をしていて、浅い睡眠の時は、水泳や自転車の乗り方などの動作を学習する作業をしています。過剰な睡眠によって、睡眠パターンが崩れると、こうした記憶が定着しにくくなります。

2-4.体重が増える可能性も

睡眠中は起きているときよりも体温が低下します。これは体温を低くすることで、身体と脳をクールダウンさせ疲労をとる働きがあると考えられています。しかし睡眠中は体温と活動量が低下するのに伴い、当然カロリー消費も少なくなり、いわば省エネモードに切り替わります。睡眠時間が長いと、省エネモードで過ごす時間も長くなりますから、日中の運動不足と重なると体重が増えてしまう場合があります。睡眠不足が肥満しやすくすることは良く知られていますが、長時間睡眠も9時間を超えるあたりから肥満リスクを上げることが分かっています。

睡眠不足と太りやすさの関連性

3.「寝すぎのサイン」とは?

長時間睡眠には明確な定義はなく、適切な睡眠時間というのも人によって異なります。
そこで重要になってくるのが、寝すぎることで体が発する「サイン」です。寝すぎのサインを感じるようであれば、目覚ましなどを活用して睡眠時間を減らしてみるのがおすすめです。ここでは体が発する「寝すぎのサイン」に関してご紹介します。

3-1.寝ている間に体に違和感を感じる

寝ている間や起きた際に体に違和感を覚えるようであれば、寝すぎの可能性があります。
寝ている時には無意識のうちに寝返りをうつことで一点に荷重が掛からないようになっています。しかし寝すぎてしまうと寝返りをうったとしても体に荷重がかかってしまい、寝ている時や起きた時などに違和感を生じる可能性があります。
また、違和感が生じる際にはベッドが体に合っていない場合もあるため、マットレスの硬さなどを見直してみるのもいいでしょう。

3-2.寝起きに頭に違和感を生じる

起きた時に頭に違和感を生じる場合の原因は色々ありますが、長時間睡眠による違和感の原因は体への負担が原因の可能性があります。枕などが合っていないと頸に無理な負荷がかかってしまい、頭部に違和感や不快感を生じることがあるのです。
もし長い時間寝た後に頭に違和感を生じる際には枕の高さや素材を見直してみることが大切です。

4.たくさん寝たほうが調子が良い場合

長時間睡眠によって体調が良くなる場合には「ロングスリーパー」の可能性があります。人によって適切な睡眠時間は異なるので、ロングスリーパーの人に合った睡眠時間を確保する必要があります。ここではロングスリーパーの特徴に関してご紹介致します。

4-1.ロングスリーパーって何?

ロングスリーパーは医学的な言葉ではありませんが、一般的には「長時間睡眠が適切な睡眠時間になっている方」と考えられています。
適切な睡眠時間というのは人によって異なりますので、身体や精神に異常がない場合でも長時間睡眠をする方がいらっしゃいます。このような方は長時間睡眠によって体調が優れるため、長い睡眠時間がその人に合っていると考えられるのです。

日本人の睡眠時間タイプ別の割合

4-2.ロングスリーパーの特徴

ロングスリーパーは人より睡眠時間が長いだけで病気ではありません。「過眠症」と混同されることがありますが、過眠症の場合はいくら寝ても日中の眠気が残ってしまいます。ロングスリーパーの場合は長い睡眠時間を取ることで日中の眠気を感じることがないのが特徴です。
ロングスリーパーの方は長時間睡眠が適切な睡眠時間であるため無理に短くする必要はありません。睡眠時間を短くすることで日中の眠気などを感じることがあります。
ただし普通の人と比べて起きている時間が短くなってしまうので、どうしても睡眠時間を短くしたい人は少しずつ睡眠時間を減らしてみるのがいいでしょう。

5.まとめ

睡眠はしっかり休養を取るために非常に大切な役割をしています。
どれだけ忙しくても睡眠時間をしっかりと確保しなければ、翌日以降の体調に影響します。
適切な睡眠時間というのは年齢や季節、仕事の忙しさなどによって異なるため、その人に合った睡眠時間を見つけることが重要です。ただし、寝すぎてしまうと自分の時間がなくなったり、体に違和感が生じたりすることもあるため、寝すぎには注意が必要です。自分に合った睡眠時間を見つけてください。

アクセスランキング

  1. 寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
    寝過ぎたときの頭痛、4つの対処方法 寝過ぎと偏頭痛の関係は?
  2. 寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
    寝不足で気持ち悪い。睡眠不足の吐き気はなぜ起こる?おすすめ対処法
  3. 寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
    寝過ぎて腰・背中が痛い 原因と3つの対処法
  4. 「寝過ぎてだるい」は自律神経の乱れ 寝過ぎの弊害って?
    「寝過ぎてだるい」は自律神経の乱れ 寝過ぎの弊害と原因は?
  5. 寝不足の頭痛は要注意。睡眠不足のリスクと影響7つの対処法と3つの予防法
    寝不足の頭痛は要注意 睡眠不足のリスクと影響 7つの対処法と3つの予防法
  6. 寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
    寝起きの肩の痛み対策 原因と予防法
  7. 食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
    食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策
  8. もしかしてロングスリーパー?長時間睡眠を短縮する方法
    もしかしてロングスリーパー?長時間睡眠の3つの原因と短縮方法
  9. 夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
    夜中に目が覚めるのはなぜ?中途覚醒の原因と対策
  10. 予定よりも早く起きて後悔…早朝覚醒の原因と対策は?
    予定よりも早く起きて後悔・・・早朝覚醒の原因と対策は?
※本記事で提供される情報は、医師や専門家の監修の下、信頼性の維持に努めておりますが、その完全性、正確性、安全性等について、当社はいかなる保証もいたしません。
※本記事で提供する情報の閲覧、収集、利用等については、閲覧者様ご自身の責任において行っていただくものとし、万一閲覧者様に何らか損失、損害、その他不利益が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。
※本記事で提供する情報は、診療行為、治療行為、その他一切の医療行為を目的とするものではなく、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
※本記事で提供される情報は、あくまで一般論であり、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、またその効果を保証するものではありません。
※閲覧者様が、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。