あなたはどこから?太りやすい部位と原因

あなたはどこから?太りやすい部位と原因

体の中で気になる部分があったり、太くなりやすい部位があったりする人は多いのではないでしょうか。今回は、脂肪がついて太くなりやすい部位について、上半身と下半身に分けて紹介します。自身の悩みに合わせて原因をつきとめ、部分太りを改善しましょう。

目次

1.脂肪が気になる部位はどこ?

脂肪が気になる部位は人によってさまざまです。ここでは、女性につきやすい脂肪や部位について紹介します。

1-1.女性は皮下脂肪がつきやすい

体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があります。「内臓脂肪」はその名の通り、内臓周りにつく脂肪で、「つきやすく、落としやすい」という特徴があり、男性や閉経後の女性につきやすい脂肪です。一方、「皮下脂肪」は皮膚と筋肉の間につく脂肪で、「つきにくく、落としにくい」という特徴があり、女性につきやすい脂肪です。女性には、衝撃からお腹の中の赤ちゃんや子宮を守ったり、体が冷えないようにしたり、エネルギーを蓄えたりといった、生命を守るための機能が体に備わっているため、皮下脂肪がつきやすくなっているのです。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

1-2.気になるのは上半身?下半身?肥満のタイプを知ろう

脂肪が上半身につきやすいか、下半身につきやすいかによって、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらがつきやすいタイプかを知ることができます。
① 皮下脂肪型肥満:洋ナシタイプ
【特徴】
・下半身を中心に脂肪がつき、洋ナシのような体型。
【チェックポイント】
・体脂肪率が男性25%以上、女性30%以上
・腹囲が男性85cm未満、女性90cm未満
・ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5未満
・下腹部、腰周り、お尻、太ももが太い
・お腹に軽く力を入れ、へそ周りをつまむと、たるみがしっかりとつかめる。

② 内臓脂肪型肥満:リンゴタイプ
【特徴】
・お腹周り全体に脂肪がつき、全体的に丸いリンゴのような体型。
【チェックポイント】
・体脂肪率が男性25%以上、女性30%以上
・腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上
・ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5以上
・胸の下(みぞおち辺り)からお腹が出ている。
・お腹に力を入れても、あまりへこまない。

③ 隠れ肥満(内臓脂肪型肥満予備群):バナナタイプ
【特徴】
・標準体型に近いが、筋肉が少なく、下腹部が出てバナナのような体型。
【チェックポイント】
・体脂肪率が男性25%未満、女性30%未満
・腹囲が男性85cm未満、女性90cm未満
・ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5未満
・下腹部がポッコリと出ている。

1-3.脂肪の付く部位、気になる部位は年齢や性別によって異なる

個人差はありますが、脂肪のつく部位は年齢や性別によって異なります。男性は、内臓脂肪がつきやすく、女性は、皮下脂肪がつきやすく、お腹周り・太もも・お尻・頬やあご・二の腕・背中など、ほぼ全身につきます。また、女性が脂肪を気にする部位としては、10代は頬やあご、20代は下腹部や太もも周り、30~40代以降はお腹周りや二の腕の脂肪といったように、年齢によっても変化してきます。

2.上半身で太りやすい部位はここ!

ここでは、太りやすい部位について上半身を中心に紹介します。太くなる原因についても紹介するので、自身の生活や行動を振り返り、部分太りの予防や改善を目指していきましょう。

上半身の太りやすい部位

2-1.2段階で太るお腹

お腹が太る原因は大きく2つあります。1つは、お腹周りの筋肉が衰え、基礎代謝が低下しているためです。この場合は、筋トレなどによってお腹周りの筋肉を鍛え、基礎代謝を上げることが大切です。2つめは、運動不足やエネルギーの過剰摂取によって内臓脂肪が蓄積されるためです。この場合は、運動習慣を身に付けてエネルギーの消費量を増やすことや一日の摂取エネルギーと消費エネルギーのエネルギーバランスを考えることが大切です。

2-2.若い世代が気にする二重あご

10代は基礎代謝が高く、大きな体型の変化が起こりにくい分、顔周りの脂肪が気になりがちです。二重あごの原因としては、肥満・たるみ・姿勢・むくみなどがありますが、10代は姿勢やむくみによるものが多いです。特にスマートフォンの操作などによって起こるストレートネックは、頭が前に出ることで顔周りに脂肪がつきやすくなるだけでなく、リンパの流れも悪くなり、むくみに繋がります。日頃から正しい姿勢を保つ意識をし、こまめに首周りのストレッチやマッサージなどを行うようにしましょう。

2-3.30代からは要注意!二の腕

二の腕は、主に腕を伸ばすときや物を押すときなどに働きますが、普段の生活では使われる機会があまりありません。また、筋肉も少なくて衰えがちな部位なので、脂肪がつきやすいです。そのため、例えば、掃除機をかけるときなど生活の中で二の腕を使う際に意識を強めたり、筋トレやエクササイズによって二の腕を鍛えたりすることが大切です。また、過剰なエネルギーの蓄積を防ぐためにも、エネルギー摂取量をコントロールするようにしましょう。

2-4.自分では気づきにくい背中

背中は自分では見えにくいため、知らないうちに脂肪が蓄積しやすい部位です。さらに、それだけでなく、使う機会があまりないため、蓄積した脂肪も燃焼させにくいという、やっかいな部位なのです。背中に脂肪が蓄積する原因は、背中の筋肉を使わない生活にあります。特に、姿勢が悪く猫背になると、背中の筋肉はどんどん衰えていく一方です。そのため、普段の生活から背中を使う意識を高めて脂肪が蓄積するのを防ぐことが大切です。方法としては、常に背筋を伸ばしたまっすぐな姿勢を保つことです。座るときや立っているとき、歩いているときも正しい姿勢を保ち、背中の筋肉を意識して生活しましょう。

3.下半身で太りやすい部位はここ!

下半身で太りやすい部位の紹介です。下半身太りには主に皮下脂肪が関わり、一度つくと落とすのはなかなか大変なので、太くなる前に予防していきましょう。

下半身の太りやすい部位

3-1.真っ先に脂肪がつくお尻

お尻は上半身と下半身を繋ぐ重要な部分です。また、前述したように女性は赤ちゃんや子宮を守るという機能が備わっているため、お尻は脂肪がつきやすくなっています。お尻の脂肪がつく原因としては、筋肉の衰えや骨盤のゆがみがあります。そのため、お尻の筋トレやストレッチによって筋肉を鍛え、骨盤のゆがみを整えるようにしましょう。

3-2.若くても太くなる太もも

太ももは「太もも」と言われるくらいなので、ある程度は太くて当たり前です。しかしそれゆえ、気付かないうちに脂肪が蓄積されていた、ということもあります。太ももが太くなる主な原因は、筋肉の衰えによる脂肪の蓄積です。この場合は、エクササイズや筋トレで筋肉を鍛え、脂肪を燃焼しやすくすることがポイントです。また、便利な用具や設備を使って楽をしていると、若い人でも筋肉が衰えて太ももが太くなる可能性は十分にあります。エスカレーターでなく階段を積極的に使うなど、普段から体を動かす習慣を身に付けるようにしましょう。

3-3.パンツ姿に自信が持てない下腹ぽっこり

下半身は痩せていても下腹だけがポッコリしてしまい、パンツ姿に自信がもてない。その原因は脂肪だけではなく、骨盤底筋群という内臓周りの筋力の低下や骨盤のゆがみが考えられます。筋力低下や骨盤のゆがみが起こって内臓を支える力が弱まると、内臓が下がった状態になり、下腹だけがポッコリとした体型になってしまいます。この場合は、骨盤底筋群のエクササイズによって、脂肪燃焼効率や内臓を正常な位置に整える力を高めましょう。

3-4.むくみ?脂肪?ふくらはぎ

ふくらはぎは大半が筋肉で構成されているので、もともと脂肪がつきにくい部位です。そのため、ふくらはぎが太くなる原因は主にむくみによるものや、余計な筋肉がついてしまった場合が多いです。長時間立ちっぱなしの姿勢や同じ体勢が続く状態が多い人は、足がむくみやすく、その結果太くなってしまいます。この場合は、こまめにふくらはぎのストレッチやマッサージを取り入れるようにしましょう。また、歩くときに指をつけない、いわゆる「浮き指」と言われる歩き方をする人は、知らないうちにふくらはぎに負担がかかっています。この状態が続くと、ふくらはぎに余計な筋肉がついてしまうため、浮き指にならないように足の指のストレッチやエクササイズをしたり、足に合った靴を履いたりするようにしましょう。

4.【まとめ】部分痩せはむずかしい!?シェイプアップは広い範囲で

今回は、脂肪がついて太くなりやすい部位について、上半身と下半身に分けて紹介しました。体の部位は全て繋がって関わり合っているため、ある特定の部位を単体で部分痩せしようとしても、なかなか難しいところがあります。そのため、エクササイズなどをするときは、痩せたい部位を中心に意識しつつ、周りの部位もまとめた広い範囲でシェイプアップするようにしましょう。複数の部位を一緒にエクササイズすることで、効率的にシェイプアップすることができますし、ボディーラインにメリハリがつきます。広い範囲をシェイプアップして理想の体を目指しましょう。

ゆらこ YURACO 寝ながらゆらゆら下っ腹シェイプ。 たった1分続けるだけ 椿鬼奴さんも効果を実感!

アクセスランキング

  1. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
  2. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    【効果大】お腹痩せしたい人の短期間メニュー!最短1週間で憧れのボディーへ!
  3. 腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
    腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
  4. 正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
    正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
  5. ふくらはぎの筋肉を落として美脚をゲット!効果的な足痩せダイエット
  6. 超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
    超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
  7. ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
    ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
  8. お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
    お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
  9. 腹筋を鍛えるのにダンベルは効果的なの?
    ダンベルを使った腹筋の鍛え方7選!負荷をかけて憧れの腹筋へ!
  10. 【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
    【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集 ~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集