簡単にお腹をへこませる方法をご紹介!効果的に痩せるダイエット!

簡単にお腹をへこませる方法をご紹介!効果的に痩せるダイエット!

お腹をへこませるには、脂肪を燃焼させることが重要です。今回はインナーマッスルを効率的に鍛える方法や合わせて行いたい有酸素運動や食事改善法をご紹介していきます。

目次

1.お腹をへこませるには?

お腹をへこませるには、お腹の筋肉をしっかり動かし脂肪を燃焼させることが重要です。しかし、腹筋をやみくもに行えば良いというわけではありません。大切なのは「お腹をへこます意識」をすることです。そのためにはお腹の深い部分の筋肉を指す「インナーマッスル」を鍛えていきましょう。
今回はインナーマッスルを効率的に鍛える方法や合わせて行いたい有酸素運動や食事改善法をご紹介していきます。これらを通してしっかりとお腹をへこませていきましょう。

2.インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルを鍛えるためには、二つの方法があります。一つ目は「呼吸」によって鍛える方法です。その際に特に意識したいのはインナーマッスルの中でも、「横隔膜」です。横隔膜には呼吸をコントロールする機能があるため、呼吸を通してインナーマッスルを鍛えたり、機能性を高めたりすることができます。二つ目は腹筋運動です。その時にはインナーマッスルを鍛える腹筋を行うことが重要です。それぞれの方法について紹介します。

2-1.呼吸法

呼吸法を理解して行うことで、呼吸もインナーマッスルのトレーニングとなります。呼吸法もいくつか種類があり、自分に合った方法を選んで実践してみてください。

2-2.ドローイン

横隔膜のトレーニングとしては最も基本で実践しやすい方法です。まずはこちらから行いましょう。
【やり方】
① 仰向けに寝た状態で、膝を立てる。
② 両手をお腹に置き、鼻から大きく息を吸ってお腹を膨らませる。
③ 次に口から息を吐き、腰を床に押し付けながらお腹をへこます。
④ ②③を繰り返し行う。
◆回数
10回を目安に2セット行う。

2-3.丹田呼吸法

おへその下あたりにある丹田を意識して呼吸を行う方法です。
【やり方】
① 立った状態で背筋を伸ばし、胸を張る。
② 丹田に両手を重ねるように当てる。
③ 丹田を膨らませるように鼻からゆっくりと息を吸う。
④ 丹田をへこませるように口から息をゆっくり吐く。
⑤ ③④を繰り返し行う。
◆回数
10回を目安に2セット行う。

2-4.アブドミナルスクイズ

アブドミナルスクイズのやり方1

アブドミナルスクイズのやり方2

お腹を絞るという意味で、呼吸を吐き切ったタイミングでお腹の筋肉を収縮させる運動です。
【やり方】
① 四つん這いに寝た状態で力を抜く。
② 胸を張り背中を反らしながら鼻から息を吸う。
③ 次に背中を丸めながら口から息を吐き、お腹をへこませる。
④ ②③を繰り返し行う。
◆回数
10回を目安に2セット行う。

3.片鼻呼吸法

ヨガの呼吸法の一つで自律神経を整え、痩せやすい体を目指すことができます。
【やり方】
① リラックスできる状態になり、両鼻で息を吐く。
② 指で右側の鼻を押さえ、左側の鼻で息を吸う。
③ 左側の鼻で息を吐き、今度は左側の鼻を押さえて右側の鼻で息を吸う。
④ 右側の鼻で息を吐く。
⑤ ②~④を繰り返し行う。
◆回数
左右で1度ずつ呼吸をするのを1回として、15回を目安に2セット行う。

3-1.腹筋運動

続いて、インナーマッスルを鍛えるための腹筋運動をご紹介いたします。
意識的な呼吸法の後に腹筋運動を行うことで効果が高まります。

3-2.プランク

止まった状態でインナーマッスルを刺激する運動です。まずはこのプランクから運動の土台つくりをしていきましょう。
【やり方】
① うつ伏せに寝た状態で、肩の真下に肘を置く。
② 肘と足部のみで体を浮かし、お腹とお尻に力を入れて体を支える。
③ 頭から足先までが一直線になるようにキープし、お尻の位置が落ちないように保つ。
◆回数
③の状態を、30秒キープを目安に2セット行う。

3-3.ウォームレイズ

ウォームレイズのやり方1

ウォームレイズのやり方2

プランクと異なり、動的にインナーマッスルを鍛える方法です。初めての方はまずは静的な動きであるプランクを行って、インナーマッスルを意識できるようになってから行いましょう。
【やり方】
① うつ伏せに寝た状態で、肩の真下に肘を置く。
② 肘と足のみで身体を浮かし、お腹とお尻に力を入れて体を支える。
③ 肘で床を押し、三角形に見えるようにお尻を上に突き上げる。
④ ②の姿勢にゆっくりと戻っていき、繰り返し行う。
◆回数
10回を目安に3セット行う。

3-4.ダイアゴナルバランス

ダイアゴナルバランス

こちらも動的にインナーマッスルを刺激する運動です。左足と右腕のように対角で動かして、お腹をへこますだけでなく「くびれ」をつくることにも効果的です。
【やり方】
① 腕立て伏せのようにうつ伏せで両足を伸ばし、両肘を肩の真下に置く。
② 頭から足先までを一直線にし、お腹とお尻に力を入れる。
③ 左足を浮かし、次に右腕を浮かす。
④ 左足と右腕が床と平行になるように保つ。
⑤ 次に反対側である右足と左腕でも行う。
◆回数
左右の対角線を1セットで5秒3回ずつ、目安として3セット行う。

3-5.普段あまり運動しない方は「ゆらころん」

普段あまり運動しない人には「ゆらころん」がおすすめです。
「ゆらころん」は大手フィットネスチェーンのメソッドが詰まった、新しい腹筋マシン。
ロッキングチェアーのように座ってゆらゆらするだけなのに、お腹にしっかり効く!

① 座ってゆらゆらするだけだから簡単に腹筋ができる
「ゆらころん」は、S字にカーブした独自のシート設計。
このカーブが、ゆらゆらと倒れ・起きるときに腹筋正面を刺激。
つらい起き上がる動きも、ゆらっとスムーズに戻ることができ、簡単に腹筋運動が行えます。
② 正しい腹筋姿勢をサポート
S字カーブに沿って座ることで、骨盤が後傾して背中を丸めやすく、腹筋をしっかり縮めた姿勢に。
運動に慣れていない人が間違えがちな腹筋運動を正しくサポートしてくれます。
③ 腹直筋上部は自力腹筋に比べて約2.2倍の刺激
ゆらゆらするだけなのに効果はしっかり証明されています。
だから「ゆらころん」は1セットたった30秒から始められます。
さらに、女性が気になる下腹やわき腹、体幹エクササイズなど5種類のお腹周りのエクササイズが可能です。

YURACORON ゆらころん 1セットたった30秒 30秒ゆらゆら腹筋

4.有酸素運動(ウォーキングやジョギング)

お腹をへこませるには、お腹に溜まった脂肪を燃焼させることが必要です。インナーマッスルがしっかり機能する状態で有酸素運動を行うことにより、代謝が上がり脂肪燃焼効率を高めることができます。まずはウォーキングやジョギングなどの取り入れやすい運動から行っていきましょう。その際に意識してもらいたいポイントについてご紹介いたします。

4-1.姿勢を意識する

ただやみくもに運動すれば良いわけではなく、姿勢を意識することが大切です。姿勢は骨盤から頭までを一直線にする意識が重要です。そのためには猫背のような姿勢にならないように胸を張りましょう。また、お腹にも力を入れて歩くとスムーズな移動が身に付きます。

4-2.20分以上続けることで脂肪が燃焼しはじめる

有酸素運動は最低でも20分以上行うようにしましょう。運動開始から20分間は糖質中心に消費されます。脂肪がエネルギーとして消費され始めるのは、この20分間の後からとされています。よって20分~60分を目安に運動を行ってみましょう。

4-3.毎日続ける

ウォーキングやジョギングはできるだけ毎日行うようにしましょう。日頃から取り入れることでミトコンドリア数が増加し、脂肪を燃焼しやすい体を目指すことができます。開始から2週間で効果を実感できる方が多く、1ヶ月継続できるとお腹が徐々に絞られてきた実感が増してきます。

4-4.お腹をすっきりさせるための食事改善

お腹の脂肪を減少させるには運動で脂肪を消費するとともに、食事の改善で新たな脂肪の蓄積を防ぐ必要があります。お腹をへこますために必要な食事改善方法をご紹介いたします。

4-5.豆腐・納豆などの低カロリーな食品をとる

お腹に脂肪が蓄積されてしまうのはカロリー摂取量が消費量をオーバーしているのが原因です。簡単な改善方法としては、カロリーを抑えることです。低カロリーの食品としては、海藻類や野菜類、大豆類などがあります。大豆類は脂質が多少含まれていますが、体をつくるために重要なたんぱく質量も多いのでおすすめです。

4-6.ささみなどの高タンパク質な食品をとる

たんぱく質の摂取量が少ないと、体は筋肉を分解しエネルギーとして利用しようとしてしまいます。そうすると、基礎代謝量が減ってしまい脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。これを防ぐためにも日頃からたんぱく質を摂取しましょう。たんぱく質が多く含まれる食品としては、先ほど紹介した大豆類、肉類や魚類があげられます。特に鶏のささみ肉や胸肉はたんぱく質が多いだけでなく、低脂肪でもあるのでおすすめです。

4-7.糖質をできる限り減らす

糖質を摂取すると、ホルモンの分泌により脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。そのことから、糖質は自分に必要な分だけを摂取するようにしましょう。例えばご飯であれば1日2杯以下になるように意識してみましょう。

4-8.アルコールの量を減らす

アルコールには1gあたり7kcalが含まれており、ビール中ジョッキであれば約200kcalになります。食事でカロリー量を抑えていても、ドリンクにもカロリーは多く含まれているため注意が必要です。また、アルコールには食欲増強作用もあるので気をつけるようにしましょう。

5.【まとめ】お腹をへこませるならまずは脂肪を減らすことが大事

お腹をへこませるにはインナーマッスルをしっかり鍛えることが重要です。そのためには自分に合った呼吸法や腹筋運動を取り入れてみましょう。また有酸素運動や食事改善も同時に行うことが有効です。しっかりとインナーマッスルが機能する状態で有酸素運動や食事改善を行うことで脂肪を効率的に減らすことができます。理想の自分をイメージしながらまずは2週間続けてみましょう。

アクセスランキング

  1. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
  2. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    【効果大】お腹痩せしたい人の短期間メニュー!最短1週間で憧れのボディーへ!
  3. 腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
    腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
  4. 正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
    正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
  5. ふくらはぎの筋肉を落として美脚をゲット!効果的な足痩せダイエット
  6. 超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
    超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
  7. ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
    ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
  8. お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
    お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
  9. 腹筋を鍛えるのにダンベルは効果的なの?
    ダンベルを使った腹筋の鍛え方7選!負荷をかけて憧れの腹筋へ!
  10. 【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
    【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集 ~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集