ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ

ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ

1 ウエストサイズの平均は?

ダイエットをする中で、体重も気になるけれどやはり体型、特に【ウエスト】も気になりますよね。
ダイエットで一番痩せたい部位はどこかといったアンケートは数多くありますが、ほとんどのアンケートでトップになるのがこの【ウエスト】です。
今年のダイエットシーズンに痩せたい部位はどこか、15~59歳の男女1000人にアンケートを行った結果でも、男女共にトップはウエストでした。

※下記マクロミル調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000323.000000624.html

そんな中、自分のウエストサイズは他の人と比べてどうなのだろうと気になる方も多いと思います。
今回はダイエット、ボディメイクのモチベーションを上げるためにもウエストサイズの平均値を男女別に調べてみました。

2 男女別 ウエストサイズの平均を知りたい

一概にウエストサイズの平均値といっても性別によって大きく異なります。
さらに同性の中でも身長によってプロポーションの違いもありますよね。
今回は経済産業省が平成16~18年度に実施した、約7000人の回答を元に集計したデータから、男女の平均ウエストサイズについてご紹介していきたいと思います。
※下記 経産省調
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286890/www.meti.go.jp/press/20071001007/20071001007.html

2.1 【身長別】女性のウエストサイズ

女性のウエストサイズの平均は20-24歳で67.0cm、25-29歳で67.6㎝、30-34歳で68.1cmと、年齢の変化と共に約5mm~6mmずつウエイトサイズが大きくなっていきます。
次項でご紹介する男性のデータと比べると年齢による増加量が小さく、女性は男性よりも美容意識が高いため体型をキープできているのではないかと推測できます。自分の年齢からウエストサイズの平均値を割り出して比較し自分が平均と比べてどうか調べてみましょう。

2.2 【身長別】男性のウエストサイズ

男性のウエストサイズの平均は、20-24歳で72.9cm、25-29歳で77.9㎝、30-34歳で81.5cmと約30mm~50mmずつウエイトサイズが大きくなっていきます。
女性の増加量5~6mmと比べると、この年齢による増加量が約5~10倍大きく、年齢によって大きく体型が変わる可能性が考えられます。男性は20代から30代にかけて代謝が低下するといわれ、その原因として、年齢とともに筋力が低下することがあげられます。すなわち筋力の低下によって基礎代謝が下がることによって、同じ食事量でも内臓脂肪に変わってしまいます。内臓脂肪が増えるとウエストはどんどん大きくなってしまい、これは筋力がもともと多いほど顕著になるため、激しい運動を行ってきた方が運動をやめるときは注意が必要です。
このように、筋肉を維持したり食事を制限したりと、男性は女性以上に体型をキープするために必要なことは多いといえます。内臓脂肪の増加はメタボリックシンドロームの入り口になりますので、健康のためにもウエストを絞っていきましょう!

倒れるだけで腹筋 くびれもつくれるおてがるダイエット Wonder Core Twist ショップジャパンはフィットネス機器市場3年連続売上金額No.1

3 ウエストサイズの正しい計測方法

平均のウエストがわかったところで、自分のウエストサイズの計測をしてみましょう。
ウエストサイズを図る際に基準になるのが【おへそ】の位置です。
メジャーをぐるっと一周させて、おへその周りを計りましょう。

測定方法
①立っている状態で両足を肩幅程度に開き両腕を自然に垂らします
②軽く息を吐きリラックスした状態でおへそ周りを水平に測ります

注意点
なるべく空腹時に測定し、ウエストの一番細い部分ではなくおへその位置を測定しましょう

このウエストサイズは内臓脂肪の蓄積の目安にもなります。
メタボが気になる方はこまめに計測をしていくのがオススメです!

4 理想のウエストサイズは?

平均と自分のサイズがわかったところで、今度は目指したい【理想のウエストサイズ】をみてみましょう。

4.1 女性の理想のウエストサイズ

大手下着メーカーである「ワコール」が長年の研究結果をもとに導き出した『ゴールデンカノン』は、女性の理想ウエストサイズを計算するための指標です。
その計算式は、【身長*0.38=理想のウエストサイズ】です。
例えば身長160cmの女性だったとしたら160*0.38=60.8cmとなります。
理想サイズは先ほどの平均値よりもだいぶ低い数字となることが分かります。平均よりも引き締まっていた方は、より美しいウエストラインを目指してみましょう。

4.2 男性の理想のウエストサイズ

男性の場合は【身長*0.43=理想のウエストサイズ】で理想のウエストサイズが見えてきます。例えば身長170cmの男性だったとしたら170*0.43=73.1cmとなります。
数字を参考に、理想の体型を目指してみてください。

5 簡単!ウエストをすぐに絞る方法

理想のサイズがわかったところで、実際にウエストを細くしていくエクササイズを紹介していきます。
簡単に出来るものを中心にピックアップしていくので、ぜひ行ってみてください。

5.1 なぜ腹式呼吸でお腹にダイエット効果があるのか?

下半身の筋肉を動かし、お腹周りをひねることでお腹周りのむくみ改善を狙います。

【行い方】
①両膝を曲げ、体育座りのような姿勢で後ろに手をつきます。
②右足首を左膝の上に乗せて、そのまま左方向に倒します。
③右膝を抱えて自分の胸に近づけて20秒キープします。

下半身のひねり運動

*反対側も同様に行いましょう!
これを左右3回ずつ行ってみてください。

5.2 腰回し運動

腰を回すことでお腹全体を動かし、脇腹、お腹、背中、腰、お尻の筋肉に刺激を与えていきます。

【行い方】
①腰に手を当てて肩幅に足を開きます。
②膝は両膝伸ばしたまま、体から一番遠いところを通すように、20秒かけてゆっくりと腰を回していきます。この時に肩の位置は動かさないようにしましょう。

腰回し運動1

③片側が終わったら反対側も同様に行います。

腰回し運動2

5回ずつ回していきましょう。

5.3 その他のウエストに効果のあるストレッチ

ウエストに効くストレッチの中でも効果が高いのは【ブリッジ】です。
背中を中心に全身の筋肉を使いますし、お腹の筋肉を思いっきり伸ばすことができます。
それではやってみましょう!

【行い方】
①仰向けに寝た状態から、手は逆手で肩の上、足は膝を立てます。
②そのままぐーっと体を持ち上げます。20秒ほどキープしてみましょう。

ブリッジ

これを3回行ってみてください。

ブリッジは肩周辺の柔軟性が低くなっていると痛めてしまうこともあるので、気をつけて行ってください。
なかなか出来ない方は、バランスボールで仰向けの状態でブリッジをする方法やベッドなどの段差から肩を出して行うなどの方法がオススメです!

理想のエクササイズを目指すには、急に無理をして腰を痛めたり続けるのがおっくうになってしまうよりも、少しずつ無理なく続けていくことが重要です。まずは自分のできるところからやっていきましょう。

この記事に関連した商品

関連記事

気になるポッコリお腹、憧れのモデルのようなキレイな腹筋…鍛えたい部位ナンバーワン!お腹を鍛える⽅法をご紹介しています。