なぜ太い?太ももの脂肪その原因と対策

なぜ太い?太ももの脂肪その原因と対策

誰もが憧れる、キュッと引き締まった太もも。実はたくさんの筋肉で構成されており、太くなる原因もさまざまです。今回は、太ももの構造と働き、脂肪がつく原因や部位別の太ももエクササイズをご紹介します。太ももについてよく知り、そのうえでエクササイズを行うことで効果的に引き締まった太ももを目指しましょう。

目次

1.太ももの構造と働き

ここでは、太ももを構成している筋肉とその働きについて紹介します。それぞれの働きを知り、エクササイズのときに使っている筋肉を意識することで、その効果も高まります。エクササイズをより効果的にするためにも、太ももの基本的な知識を身に付けましょう。

1-1.こんなにある太ももの筋肉

太ももの筋肉は、大きく分けて前面と後面の二つに分けることができます。前面には大腿四頭筋と呼ばれる筋肉群があり、大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋の四つで構成されます。後面にはハムストリングスと呼ばれる筋肉群があり、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の三つで構成されています。「太もも」と聞くと、これらの筋肉の印象が強いですが、他にも太ももの内側に位置する内転筋群(大内転筋・長内転筋・短内転筋・恥骨筋・薄筋(はっきん))や大腿筋膜張筋、縫工筋、膝窩筋(しつかきん)など、数多くの筋肉があります。

太ももの筋肉のイメージ(前面)

1-2.太ももの筋肉は前側の体積が大きい

「太もも」と呼ばれるだけあって、太ももの筋肉は一つひとつが大きく発達しています。その中でも、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋は、四つの筋肉をまとめると一番体積が大きいという特徴があります。なお、単体で一番筋肉が大きいのはお尻にある大殿筋です。

1-3.脚の大きな動きを担う前側

前側の大腿四頭筋は、歩く、走るなど、日常生活の基本動作に欠かせない筋肉で、主に股関節を曲げたり膝を伸ばしたりする働きがあります。また、ほとんど全てのスポーツにおいて使われる筋肉群で、走ったりジャンプしたりといった大きな動きを担います。

1-4.股関節やひざを曲げ伸ばす後ろ側

大腿四頭筋と同様に、後ろ側のハムストリングスも歩いたり走ったりする動作に欠かせない筋肉です。大腿四頭筋とは反対に、股関節を伸ばしたり膝を曲げたりする働きがあります。日本人は骨格上、ハムストリングスが発達しにくい傾向にあるため、意識的に鍛えたい筋肉群です。

2.太ももに脂肪がつく原因

太ももに脂肪がつく原因は人によってさまざまです。ここでは、太ももに脂肪がつく原因や太ももが太くなる理由について紹介します。

2-1.気づきにくい太ももの脂肪

太ももは「太いもも」と言われるくらいですから、太くて当たり前です。しかし、太いがゆえに気付かないうちに脂肪が蓄積されて隠れ肥満状態になりやすい場所でもあります。このように、「太さや見た目は同じでも、筋肉量の減少により脂肪の量が相対的に多い」状態のことを、サルコペニア肥満(隠れ肥満)と言います。サルコペニア肥満は、見た目や体重では判断しづらいため、見逃されていることが多いといわれています。

2-2.太ももが太くなる3つの理由

太ももが太くなる主な理由は、「脂肪」「むくみ」「筋力低下」の3つです。これらの、脂肪が増える・足がむくむ・足の筋力が衰えるといった原因に共通するのが「運動不足」です。運動を適度に行うことによって、足の筋力が付いて脂肪を燃焼しやすくなり、さらには血流が良くなってむくみが解消されると言われています。運動はまさに、太ももをシェイプアップするために最適な方法なのです。

2-3.使わなければ減り続ける筋肉

筋肉は使わなければどんどん衰え、減っていきます。また、加齢によっても筋肉量は低下していき、20~30代をピークに、40代から10年ごとに約8%~10%が徐々に減少するといわれています。この状態が進むと将来、「ロコモティブシンドローム(運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態)」にもなり、日常生活にも支障をきたしかねません。筋肉量の低下は、健康な人でも起きる現象なので、後述するエクササイズなどで意識的に鍛えておくことが大切です。

筋肉量の20歳からの変化のイメージ(女性)

2-4.マッサージで脂肪は減らない

細くしたい部分を揉んだり擦ったりする「ダイエットに効くマッサージ」といわれるものがありますが、これによって一時的な効果を得られても、根本的な解決にはなりません。例えば、リンパや血流が良くなり、その効果によって一時的に太ももが細くなっても、その効果は持続せず、今までと同じ生活を送っていれば、またすぐに戻ってしまうからです。そもそも、脂肪の分解は外部からの物理的な刺激とは無関係で、マッサージによって脂肪が分解されたり消費されたりする効果はほとんど期待できません。いつでも引き締まった太ももにするためには、やはり身体の内側から変えていくことが必要です。

3.部位別太ももの鍛え方

太ももの脂肪を落とすには、エクササイズによって身体を内側から変えていきましょう。ここでは、太ももの気になる部分に効くエクササイズを部位別に紹介します。自身の目的に合ったエクササイズを選んで行いましょう。

3-1.内ももが太い場合のエクササイズ

内ももが気になる人におすすめのエクササイズです。膝を曲げたり、つま先立ちになったりといったバレエの動きを基にした運動で、内ももの引き締めに効果が期待できます。腹筋と背筋を意識してまっすぐな姿勢で行うと、上体がグラグラせずに安定します。
【やり方】
① 片手でバーもしくは棚や壁につかまり、両足をそろえて立つ。もう片方の手は腰に添える。

内ももが太い場合のエクササイズ(1)

② 手の位置を変えずに、ゆっくりと膝を曲げる。このとき、内転筋を使って内もも同士が離れないようにする。

内ももが太い場合のエクササイズ(2)

③ 膝が90度になるくらいまで曲げたら、ゆっくりと膝を伸ばして①の体勢に戻る。
④ ゆっくりとかかとを上げ、足の指の付け根で身体を支えながらつま先立ちになる。このときも内転筋を使って、内もも同士が離れないようにする。

内ももが太い場合のエクササイズ(3)

⑤ ゆっくりと①の体勢に戻り、一連の流れを繰り返す。
◆回数
10回を3セット行いましょう。

3-2.太ももの後ろ側がたるみがちな場合のエクササイズ

太ももの後ろ側が気になる人におすすめのエクササイズです。仰向けでお尻を持ち上げる運動で、ハムストリングスやお尻の引き締め効果が期待できます。片足で行うのが難しい人は両足そろえて行い、慣れてきたら片足にチャレンジしましょう。
【やり方】
① 仰向けに寝た状態で両膝を90度に曲げ、太ももの角度を変えないまま片足の膝を伸ばす。このとき両手は身体の横に置く。

太ももの後ろ側がたるみがちな場合のエクササイズ(1)
太ももの後ろ側がたるみがちな場合のエクササイズ(2)

② もう片方の足と肩で地面を押し、ゆっくりとお尻を持ち上げる。このとき、足から肩のラインがまっすぐになるようにする。

太ももの後ろ側がたるみがちな場合のエクササイズ(3)

③ お尻が地面につくギリギリのところまでゆっくりと下げる。②と③を繰り返す。

太ももの後ろ側がたるみがちな場合のエクササイズ(4)

◆回数
左右10回ずつをそれぞれ3セット行いましょう。

3-3.太ももの外側を鍛えるエクササイズ

太ももの外側が気になる人におすすめのエクササイズです。横向きに寝転がった状態で膝を開閉する運動で、太ももの外側を中心に引き締め効果が期待できます。骨盤が後ろに倒れたりねじれたりしないように固定し、上から見ても横から見てもまっすぐな姿勢を意識して行いましょう。
【やり方】
① 横向きに寝転がり、下の手は頭の下に入れて枕代わりにし、上の手は腰に添える。膝を90度に曲げ、頭・肩・お尻・かかとのラインがまっすぐになるようにする。

太ももの外側を鍛えるエクササイズ(1)

② 両足が離れないようにしながら、上の足の膝をゆっくりと開く。このとき、骨盤は動かないようにする。
 

太ももの外側を鍛えるエクササイズ(2)

③ 限界まで開いたら、ゆっくりと膝を閉じる。②と③を繰り返す。
◆回数
左右20回ずつをそれぞれ3セット行いましょう。

3-4.太もも全体をシェイプアップするエクササイズ

太もも全体をシェイプアップしたい人におすすめのエクササイズは、スクワットです。スクワットは定番なエクササイズですが、太ももだけでなく、お尻やお腹、背中にも効き、一度に多くの筋肉を刺激できます。腹筋と背筋を使ってまっすぐな姿勢を維持しながら、大腿四頭筋やハムストリングス、お尻を意識して行いましょう。
【やり方】
① 肩幅程度に足を開いて立ち、つま先と膝をやや外側に向ける。両手は頭の後ろで組み、背筋を伸ばして胸を張る。

太もも全体をシェイプアップするエクササイズ(1)

② イスに座るようなイメージで、太ももが床と平行になるくらいまで膝と股関節を曲げて腰を下げる。このとき、膝がつま先よりも前に出ないようにする。

太もも全体をシェイプアップするエクササイズ(2)

③ 太ももとお尻を意識しながら地面を押し、膝と股関節が少し曲がるくらいの高さまで腰を上げる。②と③を繰り返す。
◆回数
10回を3セット行いましょう。

4.【まとめ】筋力アップが太ももの脂肪を減らす!

今回は、太ももの構造と働き、脂肪がつく原因や部位別の太ももエクササイズを紹介しました。筋肉は使わなければ、どんどん衰えて減っていきます。筋肉が減ると脂肪の燃料効率も下がり、脂肪が減りにくい身体になってしまいます。いつの間にか太ももが脂肪だらけになっていた、ということにならないよう、紹介したエクササイズを実践して筋肉を鍛え、スッキリとした太ももを手に入れましょう。
 

アクセスランキング

  1. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
  2. ウエストの平均ってどのくらい?ウエストの計測方法と理想サイズ
    【効果大】お腹痩せしたい人の短期間メニュー!最短1週間で憧れのボディーへ!
  3. 腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
    腹筋は毎日やれば効果が出る?効果が出るまでの期間とやり方
  4. 正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
    正しい歩き方に戻すだけで足痩せに効果あり!
  5. ふくらはぎの筋肉を落として美脚をゲット!効果的な足痩せダイエット
  6. 超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
    超簡単!1日5分のダイエットで下半身がみるみる痩せる!
  7. ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
    ふくらはぎは簡単に細くすることができる!そのやり方とは?
  8. お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
    お腹だけ太る原因は何?お腹痩せに効果的なダイエット方法を紹介
  9. 腹筋を鍛えるのにダンベルは効果的なの?
    ダンベルを使った腹筋の鍛え方7選!負荷をかけて憧れの腹筋へ!
  10. 【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
    【初心者・女性向け】スクワットの正しいフォーム、やり方は?基本とよくある間違いを紹介
~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集 ~凝り固まった身体をほぐす~ ストレッチグッズ特集