良質な睡眠を支えてくれる私の専属トレーナー

トゥルースリーパー プレミアケア
前田 隆司さん
大学のサッカー部でコーチとして選手たちに指導する前田さん。トゥルースリーパーのおかげで質のいい睡眠がとれて、サッカーを続けられている、と語ってくださいました。

四つん這いになってからじゃないと起き上がれませんでした

現在、大学のサッカー部でコーチとして毎日選手たちに指導しています。サッカーは10歳から始めてキャリアは48年。サンフレッチェ広島の前身である「マツダ」に入社し、コーチとしてのキャリアは「京都パープルサンガ」からスタートしました。「トゥルースリーパー」と出会う前は、一般的な普通のマットレスをベッドに1枚敷いて、毎日寝ていました。ただ前のマットレスで寝ているときは、お尻の辺りが沈んで身体が「くの字」型になるんです。その姿勢で寝ていると、違和感を感じて目が覚めるんです。寝ている間中ずっと目が覚めて、寝返りをうってを繰り返していました。調子が悪いときは、一旦四つん這いになってから徐々に起き上がっていましたね。

買って正解!使った初日から快適に眠れました

まるでつきたてのお餅のようにもっちりとしてて、それでいてじわっと押し返してくる力もあって、初めての感触でしたね。使った初日から朝まで快適に眠れました。買って本当に正解でしたね。使い始めのとき、朝、電話が鳴ったので無意識にスッと起きたことがあるんですよ。それを後で思い出して「あ、四つん這いならなくても起きれた!」と驚きました。そのとき初めて、全然違うって思いましたね。「トゥルースリーパー」で寝ると、きれいに直立した状態で寝ていると思うんです。だから睡眠中、身体への負担が気にならないと思うんですよ。体重を支えているから、下に敷いているベッドマットレスもほとんどヘタってない。15年使っているのにすごいですよね。

「トゥルースリーパー」での良質な睡眠が私をささえてくれる

「トゥルースリーパー」のおかげで毎日質のいい睡眠をとれています。大体、僕らでもチームには選手の身体のケアをするトレーナーがいるんですけど、それが毎日、家にいてくれる感じですね。もし「トゥルースリーパー」を使ってなかったらどうなってるかは分からないですが、使ってるから質のいい睡眠がとれて、今もこうやってサッカーを続けられているという事実はあるわけです。「トゥルースリーパー」をこれからもずっと15年、30年は手放すことはないと思いますね。

※個人の感想です。