ストレッチグッズ特集

寒い冬はおうちでストレッチ ~ 凝り固まった身体を優しくほぐす ~ おすすめストレッチグッズ 特集 Stretch Goods Feature

寒くて家にこもりがちな冬。
身体を動かしたいけど、ハードな運動やエクササイズは苦手…
という方におススメなのが、自宅でできるストレッチです。
今回は、より手軽に楽しく身体をほぐすサポートをしてくれるおすすめグッズをご紹介。
仕事や家事の合間におうちでくつろぎながら、しなやかな身体を手に入れましょう!

こんな方におすすめ

  • ハードな運動は苦手

  • 家で手軽に運動したい

  • スマホ操作で前かがみ

  • 肩が重い

  • 姿勢が気になる

ストレッチの3の効果

疲れにくい身体へ

ほとんど動いていないのに、身体がだるい…。そんなことありませんか?
それ、知らず知らずのうちに疲労物質が溜まっているのかも。
たとえば、長時間デスクワークをしたり、スマホの操作をしていると体は同じ姿勢のままで、筋肉は伸び縮みしません。すると筋肉がこわばり、血行やリンパの流れが滞ってしまいます。これが疲労の原因。疲れにくい身体をつくるためには、運動やストレッチで筋肉を伸ばして、体内に滞った疲労物質を流してあげる必要があります。
特に、普段あまり使わない部位を重点的に伸ばしましょう。

不調の原因にアプローチ!

冷えやむくみの原因のひとつは、体内の巡りの悪さ。
水分代謝が落ちて排出が停滞している状態になると、むくみやすくなります。
水分代謝を上げるために必要なのは筋力。筋肉には、余分な水分を押し出すポンプのような役目があるため、余分な水分や老廃物を体外へ押し流してくれます。
ストレッチで筋肉を刺激し、代謝を上げて血の巡りを活発にさせることが大切です。

リラックス・美姿勢

全身のストレッチは姿勢が気になる方にもおすすめです。
日々、同じ体勢で作業をしていると筋肉がこわばり、姿勢のゆがみの原因に。ストレッチを取り入れることで、こり固まった筋肉がほぐれ、関節の可動域も大きくなるので姿勢を保ちやすくなります。また、筋肉の緊張がほぐれることで、副交感神経の働きも優位となるためリラクゼーション効果もあるとされています。寝る前の簡単ストレッチは、良質な睡眠のためにもおススメです。

ストレッチは継続的
行うことが大切です。

ストレッチの効果持続時間には限りがあるため、「やり貯め」ができません。
長時間のストレッチを数日に一度行うよりも、短い時間でも毎日続けることがポイント。
正しいストレッチを継続すると、筋肉が弾力を取り戻し、柔軟性が保たれるようになっていくのです。
そのためにも、痛みや苦痛が伴うようなものは避け、気軽にできて「気持ちいい」と感じられる方法がおススメ。
ストレッチを効果的に続けられるよう、楽しく続けられるグッズを活用してみましょう!

おすすめストレッチグッズ

ゆらゆら骨盤運動「ゆらこ」

  • 全身

寝ながらゆらゆら、座ってゆらゆら、骨盤運動ができる「ゆらこ」はストレッチにもおすすめ

スプリングを内蔵したU字構造の「ゆらこ」は、座ったままゆらゆらする骨盤運動をはじめ、16種類のエクササイズとストレッチができます。
スタイリッシュかつコンパクトなので、リビングに置いていてもオシャレ。家事の合間やちょっとしたリラックスタイムに、1セット1分を続けるだけ。いつでも気軽にストレッチできます。

バランスのよい体づくりに「エクササイズポール」

  • 背中(肩・肩甲骨)・股関節
  • 背中(肩・肩甲骨)・股関節
  • 背中(肩・肩甲骨)・股関節

ポールに体をゆだねて、硬くなった肩や腰の筋肉を優しくほぐそう!

心地よい弾力のある「エクササイズポール」は、寝転びながら腕や脚を動かすことで、ストレッチができる器具です。全身の力を抜き、重力から解放して行うことで、深層部にある筋肉や関節をゆるめ、バランスも整っていきます。
筋肉を無理なく自然に伸ばすことができ、血行も促進。毎日5分寝転がるだけで身体も心もスッキリリフレッシュ!

「エクササイズポール」のストレッチ

1 胸のストレッチ

エクササイズポールの上に仰向けになり、膝を肩幅ほどに広げて立てます。腕は胸の高さの位置で広げて、手の甲を床につけましょう。そのまま胸を大きく広げるイメージでゆっくり深呼吸。

2 股関節のストレッチ

エクササイズポールの上に仰向けに寝転び、肩幅に開いた脚の膝を立てておきます。その状態から両足の裏を合わせて、膝を外側に開きましょう。股関節が緩んでいくイメージをしながら、リラックスした状態でゆっくり深呼吸。

3 腕の外転エクササイズ

エクササイズポールの上に仰向けに寝転んだら、膝を肩幅ほどに広げて立てます。腕は自然に開いた状態から、ゆっくり大きく回して頭の上へ。両手がバンザイの状態になったら、ゆっくり大きく深呼吸。何度か腕の上げ下げと深呼吸を繰り返します。

筋肉を痛気持ちよくほぐしてくれる「ストレッチボディローラー」

  • 全身

凸凹刺激がクセになる!
2種の突起で筋肉をほぐしながらストレッチ

2種類の凸凹突起が付いた「ストレッチボディローラー」は、本体に体重を乗せることで筋肉に刺激を与え、コリをほぐすツールです。平らな突起とポイント突起の2種類があるため、目的に応じて指圧の度合いを変えることができます。突起部分は高反発で硬めのEVA素材となっており、程よい刺激がクセになります。運動後のリフレッシュにもおススメ。

ストレッチボディローラー

「ストレッチボディローラー」のストレッチ

1 ふくらはぎ

脚を交差させて本体に乗せたら、両手を背面に開きます。お尻を少し浮かせた状態で体を前後に動かしましょう。

2 太ももの裏

片脚の太ももを本体に乗せ、両手は背面について体を支えましょう。お尻を浮かせて前後に動かします。反対側も同様に。

3 腰・背中

肩甲骨付近に本体を合わせて仰向けになり、脚は肩幅ほどに開いて立てます。そのまま背中から腰に本体が当たるように体を浮かせて前後に動きます。