新商品「ツインシェフ」 Twitterでも話題!2つの鍋で自動調理

ショップジャパン編集部
ショップジャパン編集部
こんにちは。今日は、Twitterでも話題の自動調理鍋「ツインシェフ」をご紹介します。 忙しくて毎日のご飯づくりが大変・・・。料理はなるべくラクしたい・・・。 そんなお悩みを持つ、忙しい主婦の方、共働きのご夫婦、一人暮らしの方に、おすすめしたい便利な調理家電です。
最大の商品特長は、『鍋が2つ』あること。
つまり、ご飯を炊きながら、隣で同時に、おかずが作れるのです!

2つの鍋でごはんとおかずが一度にできるから、毎日の料理がカンタンに

たとえば・・・
ご飯とカレーを同時に調理すれば・・・

カレーライスのできあがり!

ご飯と八宝菜を同時に調理すれば・・・

中華丼のできあがりー!!
ホカホカのご飯にかけて…いただきまーす!
同時に調理するので、ご飯は炊きたて。八宝菜もできたて。ご飯もおかずもできたてアツアツで、とっても美味しくいただくことができます。(詳しい作り方は、同梱されている取扱説明書のレシピをご覧ください)

1台で料理のレパートリーが広がる

ご飯はお手持ちの炊飯器で炊くから、というご家庭では、左右で2品のおかずを同時に作るのがおすすめ!
煮込み、スープ、蒸し料理など、材料を入れてボタンを押すだけで、自動で調理をしてくれる「クイックメニュー」機能のおかげで、毎日のお料理のレパートリーが広がります。

最大一度に4品を同時調理!

さらに、蒸し野菜やシューマイなどを作れる付属の「蒸しプレート」を使えば、ご飯を炊いたり煮込み料理をしながら、同時に蒸し料理をすることもできるんです。つまり、あわせてなんと4品の同時調理が可能になるということです!
※ 蒸し料理はメニューに応じて調理時間が変わりますので、調理している途中に、フタを開けて蒸しプレートをセットしてください。

炊飯メニューも充実

ご飯の「クイックメニュー」は基本の「炊飯」の他に、「玄米」「炊き込み」「雑炊」「おかゆ」と5種類。鍋の内側には、炊飯器同様に白米、玄米、おかゆの目盛りもついていて便利です。

気になる鍋の容量は、1つの鍋で白米なら4合。カレーなら約6皿分が一度に作れます。

左右で別々の調理ができるので、
●白米&煮込み料理
●炊き込みご飯&豚汁
●煮物&スープ
●白米&玄米
など、同時調理の組み合わせは無限大!?(もちろん2つの鍋のうち、片方1つだけを煮込み料理や、炊飯だけに使うこともできます。)

2つの鍋で便利すぎるラクラク調理鍋「ツインシェフ」。
商品の機能や使い方は、商品ページでぜひチェックしてみてくださいね!お得なセットもご用意しています!

 

ツインシェフ

ツインシェフ

2つの鍋でごはんとおかずが1度にできる、自動調理鍋「ツインシェフ」は、操作も簡単!材料を入れてボタンを押すだけでおいしい料理ができちゃうんです。お任せほったらかし調理で思いっきりラクしませんか?内なべや蒸しプレート、内ぶたは、食洗機対応なのでお手入れもラクラク!