なんと歩行距離100km以上!ドイツ展示会レポート

ホーム担当/わさびぼっちゃん

世界最大級の消費財見本市「Ambiente(アンビエンテ)」に参加しました!

こんにちは! ホーム担当バイヤーのわさびぼっちゃんです!
今回は毎年ドイツのフランクフルトで開かれる消費財見本市「Ambiente(アンビエンテ)」に行ってきました!

目的はもちろん私が担当するホーム&キッチンカテゴリー商品の発掘。というのもこの展覧会、消費財分野の展覧会では世界最大級。昨年2018年は世界各国から89カ国4,441社の企業が出展し、来場者は168カ国から13万人もの人が集まったというから驚きです。世界中のありとあらゆる商品が一度に見られて、気に入った商品があればその場で商談もできちゃうという、私たちソーシングの仕事に携わる人間にとっては、大変有益なイベントなのです。

今回は上司のウママヘスワ次長との野郎2人旅!
上司に今までのトレーニングの成果の見せ所!さあ、魅力的な最新のホーム&キッチン商材を見つけるぞ!レッツソーシング!

中国の広東フェアを超えた!開催4日間の歩行距離、なんと100km越え!

今回参加したAmbiente、人の多さは中国の広東フェアには及ばないものの、笑えるくらい会場が広い!

本当にハンパなく広いんです。だって、会場内を移動用のシャトルバスが走ってるんですけど、バスに乗っても、会場の端から端まで15分もかかるんですから。滞在4日間で万歩計の数値が合計100kmを超えちゃうんですから…。もう、ありえないっすよ(涙)。
会場内に歩行者用のオートウォークも設置されていましたが、ここまで広いと、もはや歩行移動の範疇を超えています。おまけに外は寒いのに、会場内は暖房効きすぎ。すぐ汗びちょです(涙)。

よく「足がに棒になる」って言いますけど、ああ、こういうことなんだなって心の底から実感しました。ケーン・中井(レジャー・シニア担当バイヤー)…、快適なインソールを企画・ソーシングしてくれ…。

こんな家に住んでみたい! お洒落なアイテム盛りだくさん!

会場の広さには閉口しましたが、さすが国際色豊かな見本市。会場内は、家具、雑貨、キッチン用品など、さまざまな商品がブースごとに紹介されています。お洒落なものがいっぱいです。日本にいるときはまったく思わなかったけど、ウママヘスワ次長愛用のオレンジのバッグまでなんかお洒落に見えてきました(笑)。
お目当てだった家電系のアイテムはちょっと少なめ。でも新しいトレンドカラーやヨーロッパならではのデザインなど、これからの商品開発に生かしたいことをいろいろ吸収できた有意義な展示会でした。

今回の展示会でホーム&キッチンで魅力的な商材を5つも発掘することができたので、皆様に早くお届けできるように準備していきますー。お楽しみに!
次回は上海出張のレポートをお届けします!

See you!